米津玄師 Flamingo 歌詞

米津玄師「flamingo」の歌詞ページです。
米津玄師の新曲「flamingo」の歌詞をまとめたのでご紹介していきたいと思います。

作詞 : 米津玄師、作曲 : 米津玄師、曲名 : flamingo

flamingoの歌詞について

Flamingo(フラミンゴ)歌詞をご紹介していきたいと思います。

Flamingo 歌詞

宵闇(よいやみ)に爪弾(つまはじ)き
悲しみに雨曝(あまざら)し花曇(はなぐも)り
枯れたまち にべもなし
侘(わ)しげに鼻垂らしヘラヘラり

笑えないこのチンケな泥試合
唐紅(からくれない)の髪飾り
あらましき恋敵
触りたいベルベットの眥に
うすらはざむい笑みに

あなたは (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
鮮やかな (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
踊るまま ファファ
笑ってもう帰らない
寂しさと嫉妬ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして

御目通り ありがたし
闇雲に舞い上がり上滑り
虚仮威し 口ずさみ
うろたえに軽はずみアホ晒し

愛しいその声だけ聴いていたい
半端に稼いだ泡銭(あぶくぜに)
たかりだす昼とんび
くだらないこのステージで光るのは
あなただけでも良い

それは (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
恐ろしや (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
はにかんだ ふわふわ浮かんでもうさいなら
そりゃないね もっとちゃんと話そうぜ
ちくしょうめ 吐いた唾も飲まないで

樹雨に打たれて鼻垂らし
私は右手に猫じゃらし
きょうびこのほていどじゃ騙せない
狭間で彷徨うとこしえに
地獄の閻魔に申しいり
あの子を見受けておくんなまし
酔いどれ張り子の物語
やったれ死ぬまで猿芝居

あなたは (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
鮮やかな (ふらふらふら) Flamingo(フラミンゴ)
踊るまま ファファ
笑ってもう帰らない
嫉妬ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして
宵闇に爪弾き花曇り
枯れた街 にべもなしはらへらり

flamingo 歌詞 | MV

次に、米津玄師さんのニューシングルであるflamingo歌詞を聞けるMVをご紹介させていただきます。

flamingo歌詞が聞けるMVを見る上で知っておくべきこととして、flamingoは好きな女性に振り向いてもらえずに虚しさの中でもがき苦しむ男性について歌われている曲になっています。

米津玄師さんがflamingoのMVでゾンビのような動きをしているのは、上記のような歌詞の内容が伝わるようにするものであり男性の生きる気力がなくなってしまい蛻の殻のような状態になってしまったと解釈することが出来ます。

それでは、実際にflamingo歌詞をMVでご覧いただければと思います。

flamingo 歌詞の意味とは

flamingo歌詞には数多くの古文による言い回しが活用されています。

そのため、歌詞の解釈が難しくflamingo歌詞を聞いただけではどのようなことを米津玄師さんが伝えようとしているのか分かりにくいと思います。

flamingo歌詞は男女の恋愛について歌われているのですが決して幸せななっていく男女について歌われた歌詞ではありません。

女性に振り回されて人生がどん底に落ちていく男性が女性に会うために賭博や悪事でお金を手に入れて会いにいくも女性との距離は一向に縮まることがなく、生きる気力が削られ続けるという男性の虚しさがflamingo歌詞には込められています。

もう少し、flamingo歌詞について現代に例えて説明させていただくとキャバクラで働く魅力的な女性を好きになった男性がお金を貢いでいて自分を好きになってもらいたくても、その女性は自分に全く興味がなく女性に振り回され続けていくというイメージが最も近いかと思います。

また、flamingo歌詞に出てくるフラミンゴというのが女性に例えられており華やかで魅力的で振り向いて欲しいと思っていても全く振り向いてくれないことが分かります。

flamingoは、プロミュージシャンである米津玄師さんの豊かな感情表現が歌詞やMV全体に溢れ出ており、flamingo米津玄師さんのシングルの中でも群を抜いた大傑作だと考えられます。

flamingoの歌詞の意味を詳しく解説

flamingo歌詞を分かりやすく、区切りごとに歌詞の意味を解説していきながら米津玄師さんがflamingo歌詞にどのような意味を込めたのかを紐解いていきたいと思います。

flamingo歌詞に出てくる古文の現代の意味も解説しながら歌詞をご紹介していくのでどなたでも分かりやすくなっております。

flamingo 歌詞 Aメロ 暗闇の中でもがく男性の様子が歌われてる


Flamingo 歌詞 Aメロ


宵闇に 爪弾き
悲しみに浜晒し花曇り
枯れたまち にべもなし
侘しげに鼻垂らし
ヘラヘラり

Flamingoの歌詞に出てくる言葉の意味


宵闇 : 月が隠れていて暗い
爪弾き : 嫌悪してる
花曇り : 桜が咲く頃の曇っている天気
鮸膠(にべ)も無し : 愛想がない

古文の意味からflamingo歌詞を解釈していくと、flamingoは男女の失恋ソングのような意味になっており、序盤のflamingo歌詞から数多くの古文による言い回しが登場しています。

この歌詞の意味としては、古文の意味が分かれば解釈が簡単に出来ますが好きな女性に好意を示しても適当に流されてしまい自分の感情が雲がかった暗闇にあるような状態になってるという意味がflamingo歌詞に込められています。

これまでに好きな人が出来て振り回された経験のある方であれば痛いほどflamingo歌詞米津玄師さんがどのような意味を込めたのかが良く分かると思います。

flamingo 歌詞 Bメロ 男性から女性を奪った恋敵が歌詞に出てきます


Flamingo 歌詞 Bメロ


笑えないこのチンケな泥試合
唐紅の髪飾り
あらましき恋敵
触りたいベルベットの眥に
うすらはざむい笑みに

Flamingoの歌詞に出てくる言葉の意味


チンケ : 貧相な様子
唐紅(からくれない) : 鮮やかな濃い紅色
ベルベット : 柔らかく滑らい西洋由来の織物

flamingo歌詞がBメロに入り、男性が自分で自分のことをチンケだと表現しているのですが、自分の貧相な姿にもう笑うことも出来なくなっています。

このような歌詞が出てくる理由としては、男性が失恋してしまった原因である恋のライバルから好きな女性を奪われてしまったことが、flamingo歌詞から読み取れます。

男性が好きになった女性は唐紅の髪飾りを付けた綺麗な女性で、その美しさはベルベットの絨毯のように華やかで触りたくなってしまう容姿が歌詞から分かります。

そして、最後に女性から嘲笑われてしまったところでflamingo歌詞はサビに入っていきます。

とても難しい言い回しが多くなっているflamingo歌詞ですが簡単には歌詞の意味が読み取れないようになっていることにも米津玄師さんの意図が含まれてると考えられ、拗れた恋愛という意味も間接的にflamingoの難解な歌詞に含まれているとも解釈が出来ます。

flamingo 歌詞 サビ 歌詞の中でフラミンゴに例えられてる女性の意味とは


Flamingo 歌詞 サビ


あなたは (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
鮮やかな (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
踊るまま ファファ
笑ってもう帰らない
寂しさと嫉妬ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして

flamingoの歌詞がサビに入りました。

どれぐらい女性にアプローチしても振り向いてくれない様子をflamingoと例えて表現しています。

フラミンゴのように美しい女性から上部の笑顔を向けられ、嫉妬をさせられてしまい男性は虚しさを感じています。

男性は女性のそっけない態度や自分に興味がないことが分かっているのでflamingoのサビの最後にある「次はもっと大事にして」という歌詞のようにもう諦めてしまい男性も女性にそっけない態度を取ってることが分かります。

ここで女性が例えられてるフラミンゴという鳥は幸福を意味しているのですが、flamingo歌詞に出てくるフラミンゴは少し意味が違っています。

男性目線で見たフラミンゴは不幸の象徴なのですが、フラミンゴに例えられている女性は自分の好きな人がいるので幸せだということがflamingo歌詞から読み取ることが出来ます。

男女の立場の違いで全く異なる意味合いでフラミンゴという表現が使われているのも米津玄師さんらしさが伝わってきます。

flamingo 歌詞 2番目Aメロ フラミンゴに例えられた女性に出会う


Flamingo 歌詞 2番目Aメロ


御目通り ありがたし
闇雲に舞い上がり上滑り
虚仮威し 口ずさみ
うろたえに軽はずみアホ晒し

Flamingoの歌詞に出てくる言葉の意味


御目通り : 貴人のお目にかかること
上滑り : 表面だけを見て軽々しく振る舞うこと
虚仮威し : 見え透いた脅しのこと

flamingoのサビが終わりもう一度Aメロに入りました。

ここでは、男性がフラミンゴに例えられていた女性に会うことが出来たのですが自分の感情に素直になることが出来ず軽々しく振る舞ってしまい後悔してしまっている様子がflamingo歌詞から読み取ることが出来ます。

ただ、ここのflamingo歌詞では衝撃的な事実が分かってしまうのですが、実は男性が恋をしてしまった女性は身分が異なり手の届かない女性だという事が判明しました。

例えば、アイドルのことを好きになってしまって握手会で会う事が出来ても付き合うことは出来ず永遠に手の届かない所にいる女性を好きになってしまった容姿がflamingo歌詞から読み取る事が出来ます。

flamingo 歌詞 2番目Bメロ 悪事を働いてでも女性に会おうとする男性


Flamingo 歌詞 2番目Bメロ


愛しいその声だけ聴いていたい
半端に稼いだ泡銭 (あぶくぜに)
たかりだす昼とんび
くだらない
このステージで光るのは
あなただけでも良い

Flamingoの歌詞に出てくる言葉の意味


泡銭 : 悪事や賭博で手に入れた悪いお金のこと
昼鳶 : 昼に人の家に入って金品を盗む泥棒のこと

flamingo歌詞が2番目のBメロに入り女性を追い求めるが故に人生のどん底まで転がり落ちていく様子が表されています。

男性が女性に会うために悪事や賭博でお金を稼いだり人の家から泥棒をしたりしてしまってる自分が嫌になっている様子が描かれています。

この歌詞があることで、1つ前のflamingo歌詞で描かれていた女性がどのような女性なのかがある程度推測できるようになります。

男性が悪事を働いてまでお金を手に入れようとするのは、その女性に会うためだと考えられます。

つまり、男性が好きになった女性は当時のキャバクラや風俗などで働く女性なのだと考えられます。

そのためにお金を手に入れていますが一体自分は何をしてるんだろうと後悔をしているようです。

flamingo 歌詞 2番目サビ フラミンゴに例えられた女性へ心情の変化


Flamingo 歌詞 2番目サビ


それは (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
恐ろしや (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
はにかんだ
ふわふわ浮かんでもうさいなら
そりゃないね
もっとちゃんと話そうぜ
ちくしょうめ
吐いた唾も飲まないで

flamingoの2番目のサビの歌詞では、また女性がフラミンゴに例えられています。

最初のサビでは鮮やかなフラミンゴ歌詞に書かれていましたが、ここでは恐ろしやフラミンゴ歌詞に書かれていることから男性の女性への心情の変化が読み取れます。

いよいよ、flamingo歌詞がクライマックスになっていくのですがもう男性は女性に振り回されて人生が崩壊していくことに疲れてしまい女性のことが恐ろしいと感じるようになってきています。

これは、flamingo歌詞でも特に重要な心情の変化となっておりflamingo歌詞の最後に男性がどのように変わっていくのかが、この歌詞から推測することも出来ます。

また、サビの最後にある「吐いた唾も飲まないで」という歌詞は女性が吐き捨てた暴言を撤回したり男性に本当は気がないのに気があるように振る舞って男性を手のひらで転がしているような様子が描かれています。

flamingo 歌詞 Cメロ flamingoの歌詞の内容に大きな変化が訪れる


Flamingo 歌詞 Cメロ


樹雨に打たれて鼻垂らし
私は右手に猫じゃらし
きょうびこのほていどじゃ騙せない
狭間で彷徨うとこしえに
地獄の閻魔に申しいり
あの子を見受けておくんなまし
酔いどれ張り子の物語
やったれ死ぬまで猿芝居

Flamingoの歌詞に出てくる言葉の意味


今日日(きょうび) : 今日この頃
永久(とこしえ) : 今はそのまま
猿芝居 : すぐにバレてしまう浅はかな企み

ここから、flamingoのCメロに入り、歌詞の内容が大きく変わってきます。

flamingo歌詞がCメロに入るまでは男性目線の内容でしたが、Cメロからは女性目線の歌詞に変わります。

「小雨に打たれて鼻垂らし」という歌詞は男性の様子が表現されており、女性目線でその男性とは上部だけの浅はかな関係だということが読み取れます。

女性は自分の態度や考えが男性から見透かされていることが分かった上で男性と上部だけで関わり続けており、このような女性の態度や様子をflamingoのサビの歌詞恐ろしやフラミンゴと表現していたのです。

また、「おくんなまし」というのは江戸時代に吉原などの今で言う高級風俗街の女性のなかで使われる言葉で夜の世界で生きる華麗な人々のことを指しています。

つまり、もう少し分かりやすくflamingo歌詞を説明していくと男性のことを夜の世界に売られてしまい落ちぶれてしまった女性と同じだという比喩になっており、表面だけ飾っているが中身はスカスカの男性の虚しくなる生き様が表現されています。

例えば、歌舞伎町に行ったことがある方であれば分かると思いますが、夜になると華々しく見えますが、それは一夜だけの夢で終わるという虚しい様子がflamingo歌詞で伝わってきます。

flamingo 歌詞 ラストサビ 男女の関係は変わらないまま続いていく


Flamingo 歌詞 ラストサビ


あなたは (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
鮮やかな (ふらふらふら) flamingo(フラミンゴ)
踊るまま ファファ
笑ってもう帰らない
嫉妬ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして
宵闇に爪弾き花曇り
枯れた街 にべもなし
はらへらり

そして、ついにflamingoの最後の歌詞に入りました。

結局、男女は結ばれることなく一夜限りの関係は終わり男性の虚しい日々がこれからも続いていくことが分かります。

「次はもっと大事にして」という歌詞がここでも登場しているので男女の関係は一切変わっていないということが分かりますが、男性の心情の変化が少しあることも読み取れます。

女性のことを鮮やかなフラミンゴと表現しているのでまた女性の魅力に惹かれて女性に溺れてしまって泥沼から抜け出せなくなっている様子が分かります。

【まとめ】flamingo 歌詞 説明

flamingo歌詞の説明をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

flamingoは古文や比喩が多く歌詞の意味を紐解いて理解するのが非常に難しくなっていますが、米津玄師さんがflamingo歌詞に込めたかった意味が良く伝わってきました。

flamingoの歌詞をMVから解釈

先ほどflamingo歌詞を古文や比喩を紐解きながら説明させていただきましたが、flamingoのMVからもflamingo歌詞の意味について解説していきたいと思います。

米津玄師さんのflamingoのMVは、独特で不気味な雰囲気があるのですがこれは生きる気力がなくなった男性を表現するための演出になっており、flamingo歌詞の意味がより深く理解できる良いMVになっています。

それでは、実際にflamingoのMVから歌詞の意味を解説していきたいと思います。

flamingoの歌詞と米津玄師がゾンビのようなダンスを踊る関係性とは

flamingoのMVでは最初から最後まで米津玄師さんがゾンビのようなダンスを踊っています。

flamingo歌詞と米津玄師さんのダンスには重要な関係性があり、flamingo歌詞に出てくる失恋した男性の生きる気力がなくなり魂が実質的に死んでしまったことが比喩で表現されています。

肉体は生きていても魂が生きていない状態を表現するためにゾンビのようなダンスをしてflamingo歌詞に登場する男性の様子を伝えてるのは良く考えられた方法だと思われます。

flamingoの歌詞に出てくる女性とは

flamingoのMVで登場する女性がflamingo歌詞に出てくる女性であり鮮やかなフラミンゴ恐ろしやフラミンゴと比喩されていた女性です。

女性が横たわっている理由として、男性が恋をした女性は夜の世界で生きている女性であることを間接的に表現するためだと考えられます。

また、flamingo歌詞とは関係ないのですが、flamingoのMVが全体的に薄暗いので顔がよく見えないかもしれませんが、この女性は女子高生ダンサーとして活躍されてる山田葵さんという方だそうです。

米津玄師さんを始めとして多くのアーティストと共演しているそうです。

flamingo 歌詞 | flamingoのご購入はこちら

米津玄師さんのflamingo歌詞を紐解きながら解説をさせていただきましたが、flamingo歌詞が収録されたCDが販売されているのでご紹介させていただこうと思います。

flamingoの初回限定のCDには限定スマホリングがセットになっているので、欲しい方は早めにご購入するのがおすすめです。

flamingo歌詞に込められた意味が分かってからflamingoを聞くと違った曲のように聞こえてくるところも米津玄師さんの作る曲のご酸味だと思うのでぜひ歌詞を見ながらflamingoを聞いてみてください。

米津玄師
Flamingo盤(初回限定)

1,900円
米津玄師の「Flamingo盤(初回限定)」
米津玄師

Flamingo盤(初回限定)

最安値 1,900円

初回限定のFlamingo盤

米津玄師さんのファンなら誰しも手に入れたいと思う、特典付きの初回限定のFlamingo盤です。

Flamingo盤の付属品
1.CD
2.スマホリング(Flamingo盤限定)
3.DVD(Flamingo盤限定)

CDの収録内容はFlamingo盤と通常盤で共通で、
1.Flamingo
2.TEENAGE RIOT
3.ごめんね

この3曲が収録されています。

米津玄師
TEENAGE RIOT盤(初回限定)

1,600円
米津玄師の「TEENAGE RIOT盤(初回限定)」
米津玄師

TEENAGE RIOT盤(初回限定)

最安値 1,600円

TEENAGE RIOT盤の詳細

初回限定のTEENAGE RIOT盤には、米津玄師の新曲TEENAGE RIOTをモチーフにしたサイコロが付属しています。

TEENAGE RIOT盤の付属品
1.CD
2.サイコロ(TEENAGE RIOT盤限定)

CDの収録内容はTEENAGE RIOT盤と通常盤で共通で、
1.Flamingo
2.TEENAGE RIOT
3.ごめんね

この3曲が収録されています。

米津玄師
Flamingo / TEENAGE RIOT 通常盤

1,000円
米津玄師の「Flamingo / TEENAGE RIOT 通常盤」
米津玄師

Flamingo / TEENAGE RIOT 通常盤

最安値 1,000円

米津玄師「Flamingo / TEENAGE RIOT」の通常盤

米津玄師のニューシングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」には、初回限定で付属品つきのFlamingo盤とTEENAGE RIOT盤の2つがありますが、CDだけで良いという方は通常盤がおすすめです。

通常盤の付属品
1.CD

CDには
1.Flamingo
2.TEENAGE RIOT
3.ごめんね

この3曲が収録されています。

ライフスタイルのおすすめ記事