【米津玄師 / Lemon】歌詞紹介とLemonという曲名に込められた意味

米津玄師さんのLemonの歌詞と意味をご紹介。
Lemonの歌詞紹介に加えて、米津玄師さんがLemonという曲に込めた意味についてご紹介していきたいと思います。
また、米津玄師さんのLemonのMV再生回数が1億8000万回を超えて再注目されています。

米津玄師「Lemon」MV

米津玄師さんのLemonのMV(ミュージックビデオ)です。

現在、Lemonの再生回数が1億8000万回を超えたり、米津玄師さんの新曲である「Flamingo」のMVが公開されたりして、また注目を集め出しています。

それでは、米津玄師さんのLemonのMVをご覧いただければと思います。

米津玄師「Lemon」歌詞

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う 戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光 暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ 何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光 自分が思うより 恋をしていたあなたに
あれから思うように 息ができない
あんなに側にいたのに まるで嘘みたい
とても忘れられない それだけが確か あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

米津玄師「Lemon」のご購入はこちら

先ほど米津玄師さんのLemonの歌詞や動画をご紹介させていただきましたが、Lemonの初回限定版のCDが販売されているのでご紹介させていただこうと思います。

Lemonの初回限定にはDVDやレターセットがセットになっています。

Lemonのレターセットは生産が終了していて、残りわずかしか在庫が残っていないため欲しい方は早めにご購入するのが良さそうです。

米津玄師
Lemon レモン盤 初回限定 レターセット

1,833円
米津玄師の「Lemon レモン盤 初回限定 レターセット」
米津玄師

Lemon レモン盤 初回限定 レターセット

最安値 1,833円

米津玄師
Lemon 映像盤 初回限定 DVDセット

1,616円
米津玄師の「Lemon 映像盤 初回限定 DVDセット」
米津玄師

Lemon 映像盤 初回限定 DVDセット

最安値 1,616円

米津玄師
Lemon 通常盤

1,091円
米津玄師の「Lemon 通常盤」
米津玄師

Lemon 通常盤

最安値 1,091円

米津玄師「Lemon」という曲名に込められた意味とは?

米津玄師さんのLemonという曲名にはどのような意味が込められているのでしょうか

Lemonの特徴的な歌詞にも深く関わってくるLemonの曲名の意味について、ご紹介させていただきたいと思います。

Lemonの意味

米津玄師さんの曲であるLemonという曲名は、食べ物のレモンが由来になっています。

レモンは食べると強い酸味があり刺激や苦味を感じると思います。

そして、その刺激や苦味はしばらく残り続けるので、それを解決するために水やジュースを飲んだりしてレモンの刺激を紛らわせたりしていくと思います。

米津玄師さんのLemonにも同じような意味が込められており、Lemonのテーマである人の死という衝撃的で悲しく、記憶に残り続けてしまって生きる気力がなくなりつつも、現状を打破して前に進もうとするという意味が込められています。

米津玄師「Lemon」のMV再生回数が1億8000万再生を突破

米津玄師さんのLemonは、最初に公開して13時間で100万再生を突破しました。

その後も、Lemonの再生回数は伸び続けて、Lemonが公開されてから6ヶ月弱で2018年10月現在で1億8000万再生を超えています。

Lemonの1億8000万再生がどれぐらいすごいのかというと、YouTuberで有名なヒカキンの1つの動画の再生回数が300万回前後なので、Lemonの再生回数がどれぐらい凄いのかが良く分かります。

Lemonを超えるかもしれない新曲

そして、米津玄師さんのLemonに続き新作としてFlamingo、TEENAGE RIOT、ごめんねの3曲を2018年10月31日に公開されます。

この3曲も注目を集めてきており、先日MVが公開されたFlamingoもMV公開後数時間で100万再生を突破しています。

Lemonの再生回数を超えそうな勢いで伸びているFlamingoにご興味のある方はこちらからご確認していただけます。

lemonのMVは死がテーマになってる

ご存知の方もいるとは思いますが、米津玄師さんのlemonは死がテーマになっている歌詞や曲になっています。

lemonのMVも教会で撮影されており、lemon歌詞でも「戻らない幸せがある事を最後にあなたが教えてくれた」などのような言葉が登場しており大切な人との別れという意味が込められています。

どうして、lemonがこのようなテーマになったのかというと元々は「アンナチュラル」という医療関係のドラマの主題歌として米津玄師さんによって書き下ろされたからでした。

ただ、lemonを製作中に米津玄師さんの祖父が実際に亡くなっており、米津玄師さんの体験や感情がlemonの歌詞や曲に込められた事でlemonの曲としての魅力が増したのではないかと考えられます。

lemonのMVで米津玄師がハイヒールを履いてる理由

lemonのMVでは米津玄師さんがハイヒールを履いています。

これにはlemon歌詞や曲を詳しく知っていく上で重要な意味が込められているのでご紹介させていただきます。

lemonに登場する米津玄師さんと死者役をしている女性の2人がハイヒールを履いてるのですが、これには死者の形見という比喩になっています。

lemon歌詞にも登場するのですが「切り分けた果実の片方のように」この歌詞は「大切な人と別れてしまったとしても、自分とその人は2つで1つ」という意味が込められています。

つまり、lemonに登場するハイヒールが2人をつなぎ合わせている大切なものということになります。

lemonの歌詞で出てくる「ウェ」とは?

lemon歌詞を聞いていて所々でウェという挿入音が入ってくると思います。

この挿入音にどのような意味が込められているのかについてご紹介させていただきたいと思い調べていたところ、米津玄師さんがlemonのウェにどのような意味が込められているのかをラジオの対談で語っていたのでご紹介させていただきます。

米津玄師がlemonについて対談

米津玄師さんがlemonについて対談している中でウェという挿入音について語っていたので一部抜粋してご紹介させていただきます。

野木 : そう言えば、あのlemonで、ウェみたいな音が間に入るあれなんの音なんですか?何の楽器ですか?
米津玄師 : あれは、あれは人の声ですね。
野木 : 声なんですね
米津玄師 : で、その人の声をサンプリングして、でまぁ、乗っけて、そうですね、今、あのYouTubeのコメント欄とかTwitterとか見たら「なんの音?」みたいな。
レコーディング中に、その、アヒル握ってんじゃねえかな、とかやってんじゃねぇかなとか言われてて
まぁ確かに、困惑するやろうなとは思ってはいたんですけど、でもその自分も、ポップソング作ってきた人間なんで、これは多分みんな困惑するやろうなぁとは思っていたんですけどでもなんかもう、「鳴ってるからしょうがない」っていう感じがあって
野木 : もう頭の中に、その音が必要だったっていう
米津玄師 : はい。なんかもうこれはホントに自分の中で重要な音であって、あるのとないのとでは全然こう意味合いが変わってくる感じがあって自分の頭の中で。それが何故なのかって言われたら正直自分でもわかんないんですけど。ホントに重要な音だと俺は思ってますね。

こちらが対談の様子になります。

lemonになぜウェが必要なのかと問われると米津玄師さんもその明確な理由は分からないそうです。

米津玄師さんのlemonに対して言葉では表現できないような感性のようなものだと思われます。

また、米津玄師さんがlemonについて語っている対談の動画もご紹介させていただきますので続きが気になる方がいましたらご覧いただければと思います。

lemonのMVに登場してる女性とは?

lemonのMVには米津玄師さんの他に女性の方が登場します。

この女性はlemonで死者役をしている方で「吉開菜央」さんという方だそうです。

lemonでこの女性がいることで生者と死者の2人について表現しており重要な役を担っています。

米津玄師「lemon」歌詞の意味

それでは、米津玄師さんのlemon歌詞の意味をご紹介させていただこうと思います。

lemonは死というセンシティブなテーマになっており、lemon歌詞にも米津玄師さんの気持ちが多く込められています。

それでは、米津玄師さんのlemon歌詞を詳しく解説していきたいと思います。

lemon Aメロ 歌詞の意味


lemon Aメロ 歌詞の意味


夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う
戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon Bメロ 歌詞の意味


lemon Bメロ 歌詞の意味


きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon サビ 歌詞の意味


lemon サビ 歌詞の意味


あの日の悲しみさえ
あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた
あなたとともに
胸に残り離れない
苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon 2番目Aメロ 歌詞の意味


lemon 2番目Aメロ 歌詞の意味


暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon 2番目Bメロ 歌詞の意味


lemon 2番目Bメロ 歌詞の意味


何をしていたの
何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon 2番目サビ 歌詞の意味


lemon 2番目サビ 歌詞の意味


どこかであなたが今
わたしと同じ様な
涙にくれ淋しさの
中にいるなら
わたしのことなどどうか
忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon Cメロ 歌詞の意味


lemon Cメロ 歌詞の意味


自分が思うより
恋をしていたあなたに
あれから思うように
息ができない
あんなに側にいたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

lemon ラストサビ 歌詞の意味


lemon ラストサビ 歌詞の意味


あの日の悲しみさえ
あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた
あなたとともに
胸に残り離れない
苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

米津玄師さん「lemon」の歌詞の意味は現在編集中です。

ライフスタイルのおすすめ記事