【BUMP OF CHICKEN / 話がしたいよ】歌詞と話がしたいよに込められた意味

BUMP OF CHICKENの話がしたいよの歌詞や話がしたいよに込められた意味をご紹介していきたいと思います。
また、話がしたいよのMVがついに公開されたので動画もご紹介させていただきます。

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」MV

BUMP OF CHICKEN話がしたいよの歌詞をご紹介する前にMV(ミュージックビデオ)をご紹介させていただきたいと思います。

億男という映画の主題歌として書き下ろされたBUMP OF CHICKEN話がしたいよですが、話がしたいよを先行リリースして瞬く間にMVの再生回数が伸びていっており大きな注目を集めています。

それでは、BUMP OF CHICKENの話がしたいよのMVをご覧いただければと思います。

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」歌詞

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞をご紹介していきたいと思います。

話がしたいよ 歌詞

持て余した手を
自分ごとポケットに隠した
バスが来るまでの間の
おまけみたいな時間
街が立てる生活の音に
一人にされた
ガムと二人になろう
君の苦手だった味

だめだよ と いいよ とを
往復する信号機
止まったり動いたり
同じようにしていても
他人同士
元気でいるかな

この瞬間にどんな顔を
していただろう
一体どんな言葉を
いくつ見つけただろう
ああ 君がここにいたら
君がここにいたら
話がしたいよ

ボイジャーは太陽系以外に
飛び出した今も
秒速10何キロだっけ
ずっと旅を続けている
それの何がどうだというのか
わからないけど急に
自分の呼吸の音に
耳澄まして確かめた

体と心のどっちに
ここまで連れて
来られたんだろう
どっちもくたびれているけど
平気さお薬貰ったし
飲まないし

どうやったって
戻れないのは一緒だよ
じゃあこういう事を
思っているのも一緒がいい
肌を撫でた今の風が
底の抜けた空が
あの日と似ているのに

拭いようもなく
忘れながら生きているよ
ねぇ一体どんな言葉に
僕ら出会っていたんだろう
鼻で愛想笑い
綺麗事夏の終わる匂い
まだ覚えているよ
話がしたいよ

今までのなんだかんだとか
これからがどうとか
心からどうでもいいんだ
そんな事は
いや どうでもって
そりゃ言い過ぎかも
いや言い過ぎだけど
そう言ってやりたいんだ
大丈夫分かっている
ガムを紙にぺってして
バスが止まりドアが開く

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」のご購入はこちら

先ほどBUMP OF CHICKEN話がしたいよの歌詞や動画をご紹介させていただきましたが、話がしたいよの初回限定版のCDが予約販売されているのでご紹介させていただこうと思います。

話がしたいよの初回限定版のCDには限定DVDがセットになっているので、欲しい方は早めにご購入するのがおすすめです。

BUMP OF CHICKEN
話がしたいよ / シリウス / Spica 初回限定盤 DVDセット

1,800円
BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ / シリウス / Spica 初回限定盤 DVDセット」
BUMP OF CHICKEN

話がしたいよ / シリウス / Spica 初回限定盤 DVDセット

最安値 1,800円

BUMP OF CHICKEN
話がしたいよ / シリウス / Spica 通常盤

1,200円
BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ / シリウス / Spica 通常盤」
BUMP OF CHICKEN

話がしたいよ / シリウス / Spica 通常盤

最安値 1,200円

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」歌詞や曲名に込められた意味とは?

BUMP OF CHICKEN話がしたいよの歌詞や曲名に込められている意味をご紹介させていただきたいと思います。

「話がしたいよ」の意味

BUMP OF CHICKEN話がしたいよには、度々「ガム」や「バス」という言葉が出てきます。

「ガム」や「バス」という言葉は、過去の後悔を比喩するために使われています。

話がしたいよという曲は、億男という宝くじを当てた男性が主人公の映画の主題歌として書き下ろされた曲なので、これから進んでいく未来に期待して過去の後悔していることや嫌な記憶を捨てたり置いてきたりという意味が話がしたいよの歌詞や曲に込められています。

話がしたいよの歌詞に出てくるガムとは?

BUMP OF CHICKEN話がしたいよの曲や歌詞を聞くと「君」に会いたいけれど会うことが出来ないという事が間接的に表現されている事が分かると思います。

つまり、話がしたいよの歌詞の最初と最後にガムという言葉が出てくるのですが、ガムは「君」と過ごした大切な時間を表しています。

この解釈になる理由としては、話がしたいよの歌詞の最初にガムを噛みだしてから「君」と過ごした過去の記憶を思い出しており、最後にはガムを捨てるところで「君」との別れを覚悟した事を表していると解釈が出来ます。

話がしたいよの歌詞に出てくるバスとは?

まず、話がしたいよで出てきくるバスというのは、あくまでも比喩として用いられている表現なので実際にバスを待っている訳ではありません。

話がしたいよの歌詞の最後にバスに乗るという表現がされていますが、これは「君」と別れて新たな一歩を踏み出すという解釈が出来ます。

また、話がしたいよの歌詞ではバスに乗るところまでしか書かれていないのには明確な理由があります。

話がしたいよの歌詞に出てくる主人公である「僕」は決して「君」を忘れ去って未来に進んでいる訳ではなく、「君」と別れたことに対して後悔している事が表されています。

もし、後悔がなければ話がしたいよの歌詞の最後はバスがきっと走りだしていたと考えられます。

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」歌詞の意味

次にBUMP OF CHICKEN話がしたいよ歌詞の意味をご紹介させていただこうと思います。

話がしたいよは昔付き合っていた女性と別れたことを後悔しつつも前に進んでいこうとする男性について描かれた歌詞となっています。

それでは、BUMP OF CHICKENさんの話がしたいよ歌詞を詳しく解説していきたいと思います。

話がしたいよ Aメロ 歌詞の意味


話がしたいよ Aメロ 歌詞の意味


持て余した手を
自分ごとポケットに隠した
バスが来るまでの間の
おまけみたいな時間
街が立てる生活の音に
一人にされた
ガムと二人になろう
君の苦手だった味

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ Bメロ 歌詞の意味


話がしたいよ Bメロ 歌詞の意味


だめだよ と いいよ とを
往復する信号機
止まったり動いたり
同じようにしていても
他人同士
元気でいるかな

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ サビ 歌詞の意味


話がしたいよ サビ 歌詞の意味


この瞬間にどんな顔を
していただろう
一体どんな言葉を
いくつ見つけただろう
ああ 君がここにいたら
君がここにいたら
話がしたいよ

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ 2回目Aメロ 歌詞の意味


話がしたいよ 2回目Aメロ 歌詞の意味


ボイジャーは太陽系以外に
飛び出した今も
秒速10何キロだっけ
ずっと旅を続けている
それの何がどうだというのか
わからないけど急に
自分の呼吸の音に
耳澄まして確かめた

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ 2回目Bメロ 歌詞の意味


話がしたいよ 2回目Bメロ 歌詞の意味


体と心のどっちに
ここまで連れて
来られたんだろう
どっちもくたびれているけど
平気さお薬貰ったし
飲まないし

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ Cメロ 歌詞の意味


話がしたいよ Cメロ 歌詞の意味


どうやったって
戻れないのは一緒だよ
じゃあこういう事を
思っているのも一緒がいい
肌を撫でた今の風が
底の抜けた空が
あの日と似ているのに

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ ラストサビ 歌詞の意味


話がしたいよ ラストサビ 歌詞の意味


拭いようもなく
忘れながら生きているよ
ねぇ一体どんな言葉に
僕ら出会っていたんだろう
鼻で愛想笑い
綺麗事夏の終わる匂い
まだ覚えているよ
話がしたいよ

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

話がしたいよ 2回目Cメロ 歌詞の意味


話がしたいよ 2回目Cメロ 歌詞の意味


今までのなんだかんだとか
これからがどうとか
心からどうでもいいんだ
そんな事は
いや どうでもって
そりゃ言い過ぎかも
いや言い過ぎだけど
そう言ってやりたいんだ
大丈夫分かっている
ガムを紙にぺってして
バスが止まりドアが開く

BUMP OF CHICKEN話がしたいよ」の歌詞の意味は現在編集中です。

ライフスタイルのおすすめ記事