【amazarashi / リビングデッド】歌詞とリビングデッドに込められた意味について

amazarashiのリビングデッドの歌詞や、リビングデッドに込められた意味をご紹介していきたいと思います。
リビングデッドの公開予定日は2018年11月7日なので、最新情報が入り次第追加させていただきます。

amazarashi「リビングデッド」MV

amazarashiリビングデッドの歌詞をご紹介させていただく前にリビングデッドのMVをご紹介させていただきたいと思います。

amazarashi「リビングデッド」歌詞

翻って誰しもが
無罪ではいられぬ
世に蔓延って
断罪をしあったって
白けてくるぜ
愛が去って空いた
穴塞ぐための巨大な偶像は
ここにはない少なくとも僕の部屋には

もっと生きてえ
もう死にてえそんなんを繰り返してきて
リビングデッド リビングデッド
人生を無為に徘徊して
もう無理って飛び降りて
我関せずって面でいて
背負わずに生きれるならそうしなって

永遠なんて無いくせに
永遠なんて言葉を作って
無情さに咽び泣く我ら
後悔も弱さも涙も
声高に叫べば歌になった
涙枯れぬ人らよ歌え

過ちでしくじりで
石を投げるのは止めときなって
どうせいつか間違う
もう既に間違えてるんだし
隣人を愛せずとも
不幸にはならない時代にあって
分かり合うのは
そうそう簡単ではないから

どっちだっけもう知らねえ
行きたい方へ自分で行くぜ
リビングデッド リビングデッド
切りつけた屍を越えて
振り向かぬ振り向けぬ
どっちにしろ道は選べぬ
顧みず仰ぎ見る明日の空

正解なんて無いくせに
正解なんて言葉を作って
己の明日さえ縛り合う我ら
女々しさも罪も不名誉も
一人懺悔したら歌になった
許されざる人らよ歌え

正しさを求めているならば
少なくとも居場所は
ここじゃないぜここじゃないぜ
間違った情動を焚べる
負け犬の蒸気機関車の旅程くそくらえ

清廉さ潔白さも
諦めざるをえず手を汚した
取るに足らない
戯言だと見くびる
傲慢どもの寝首をかく
報われない願いを焚べろ
叶わなかった夢を焚べろ
遂げられない恨みを焚べろ
死にきれなかった夜を焚べろ

絶対なんて無いくせに
絶対なんて言葉を作って
成せはせんと見張り合う我ら
劣等感も自己嫌悪も
底まで沈めたら歌になった
死にきれぬ人らよ歌え

amazarashi「リビングデッド」のご購入はこちら

amazarashiリビングデッドの歌詞やMVをご紹介させていただきましたが、リビングデッドの初回限定版のCDが予約販売されているのでご紹介させていただこうと思います。

リビングデッドの初回限定版にはリビングデッドのオリジナルステッカーやグッズがセットになっているので、欲しい方は早めにご購入するのがおすすめです。

amazarashi
リビングデッド 通常盤

1,185円
amazarashiの「リビングデッド 通常盤」
amazarashi

リビングデッド 通常盤

最安値 1,185円

amazarashi「リビングデッド」に込められた意味とは?

amazarashiリビングデッドに込められている意味をご紹介させていただきたいと思います。

リビングデッドを日本語に訳すると「生きた死体」という意味になるので、つまりゾンビを意味しています。

歌詞からリビングデッドの意味を推測すると、amazarashiリビングデッドではゾンビの比喩として気力のなくなった人間をリビングデッドと言っています。

現在社会で生きることに対して疲れてしまい生きる気力がなくなった人間が、最もamazarashiリビングデッドの歌詞の意味と近いと推測されます。

ライフスタイルのおすすめ記事