【BUMP OF CHICKEN / 月虹】歌詞と月虹に込められた意味について

BUMP OF CHICKENの月虹の歌詞や、月虹に込められた意味をご紹介していきたいと思います。
月虹は「からくりサーカス」というアニメの主題歌として、BUMP OF CHICKENによって書き下ろされました。

BUMP OF CHICKEN「月虹」MV

BUMP OF CHICKEN月虹のMVは、まだ公開されていませんが、月虹の一部の歌詞が「からくりサーカス」というアニメの主題歌で登場しているのでご紹介させていただきたいと思います。

月虹のMVがBUMP OF CHICKENから公開されましたら、すぐに更新させていただきます。

BUMP OF CHICKEN「月虹」歌詞

BUMP OF CHICKEN月虹」の一部の歌詞です。

月虹のMVが公開されましたら、歌詞を更新させていただきます。

夜明けよりも手前側 星空のインクの中
落として 見失って探し物
心は眠れないまま 太陽の下 夜の中
つぎはぎの願いを明かりにして

何も要らない だって もう何も持てない
あまりにこの空っぽが大きすぎるから

たった一度だけでも頷いて欲しい
鏡の様に手を伸ばして欲しい
その一瞬の1回の為
それ以外の時間の全部が 燃えて生きるよ

僕の正しさなんか僕だけのもの
どんな歩き方だって会いに行くよ
胸の奥で際限なく育ち続ける
理由ひとつだけ抱えて 

いつだって 舞台の上

BUMP OF CHICKEN「月虹」のご購入はこちら

BUMP OF CHICKEN月虹の予約販売はまだ開始されておりません。

2018年12月~2019年上旬ごろに月虹は公開される見込みなので、最新情報が入り次第更新させていただきます。

BUMP OF CHICKEN「月虹」に込められた意味とは?

BUMP OF CHICKEN月虹」の意味は現在編集中です。

月虹のMVや歌詞が公開され次第、正しい偽りからの起床の意味を追加させていただきます。

ライフスタイルのおすすめ記事