日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング11選【紫外線を防ぐ効果で美白になる】

日焼け止めは、紫外線を防いで肌が黒くなる原因であるメラニンの生成やシミやシワ、ソバカスなどの肌トラブルを抑える効果のあるケア用品です。
今回は、日焼け止めの効果や種類、選び方に加えて日焼け止めの最強おすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

そこで、日焼け止めの選び方に加えて日焼け止めのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

日焼け止めの効果

日焼け止めは、太陽の日差しに含まれている紫外線(UV)による地肌へのダメージを防ぐためのケア用品です。

特に夏は紫外線の量が多くなり、紫外線を多く浴びると肌の水分量が減り肌へダメージが蓄積されていき肌が老化してしまいます。

それだけでなく、紫外線から肌を守るためにメラニンという肌を黒くする成分が生成されて肌が黒くなってしまいます。

ですが、日焼け止めでしっかりと肌をケアして紫外線対策をすれば肌へのダメージを減らすことやメラニンの生成を防ぐことが出来るようになります。

日焼け止めの効果で紫外線によるシミやソバカスなど肌トラブルを防ぐ

日焼け止めを使わないと肌にダメージが蓄積されて老化したり、メラニンで肌が黒くなるとお伝えしましたが、さらに紫外線を浴び続けるとシミやソバカスなどの肌トラブルに繋がることがあります。

紫外線を浴び続けるとメラニンの生成機能が鈍くなってしまいメラニン生成が止まらなくなってしまい、シワ、シミ、ソバカスなどが肌に出来てしまいます。

そのため、男性も女性も日焼け止めを使いしっかりと地肌をケアしていけば綺麗な肌を保てるのでおすすめです。

日焼け止めのSPFやPAとは?

日焼け止めには、SPFやPAという表記があるのですがどのような意味があるのかご存じでしょうか?

よく見かけるけど違いや意味が分からない方も多いと思うので、それぞれご紹介していきたいと思います。

その前に前提知識が必要なので簡単に説明したいと思います。

紫外線にはUVB(紫外線B波)とUBA(紫外線A波)という2種類があります。

UVBは紫外線全体の約5%を占めており、エネルギーが強いため肌を火傷させてしまい赤くなったり水ぶくれが出来ます。日焼け止めを塗らずに海に入ったりすると肌が赤くなったり水ぶくれができて皮膚が剥がれてしまうことがあると思うのですが、それはUVBという紫外線が原因になります。

UVAは紫外線全体の約95%を占めており、肌の奥にまで紫外線が届くためシワやたるみの原因になります。

日焼け止めのSPFについて

日焼け止めのSPFはUVBを遮断する効果の高さを表す指標です。

日焼け止めは、日焼けの主な原因でもあるUVBを遮断してサンバーンと呼ばれる肌の火傷とサンタンと呼ばれる肌が黒くなる状態を防ぐためです。

日焼け止めのPAについて

日焼け止めのPAはUVAを遮断する効果の高さを表す指標です。

UVAはUCBと比べて紫外線としてのエネルギーが弱いため肌を火傷させたり肌を黒くする効果は比較的に弱いですが、肌の奥にまでUVAは届くので肌のシワやたるみなどを作る原因になります。

日焼け止めの種類

日焼け止めには、いくつかの種類があります。

種類によって、日焼け止めとしての効果の高さや使いやすさ使う目的などが変わってくるので、自分に適した日焼け止めの種類がどれなのかを見てみましょう。

クリーム、乳液、ローション、ジェルなど液体の日焼け止め

最も一般的で人気の高い日焼け止めです。

日焼け止めとしての効果も高くなっているので、UVBやUVAなど紫外線をしっかりと遮断したいという方におすすめです。

クリームや乳液の日焼け止めは保湿成分も配合されている商品が多く保湿効果が高いので肌の乾燥が気になる方にも適しています。

ローションやジェルの日焼け止めは無色な商品が多いため日焼け止めとしての効果が本当にあるのか気になる方もいるかと思いますが、日焼け止めの効果と日焼け止めの色は関係がないのでクリームや乳液の日焼け止めと同等の効果があります。

海で使える水に強い防水タイプのウォータープルーフの日焼け止め

また、海に行く際に使う日焼け止めはウォーターブルーフと呼ばれる防水効果のある日焼け止めを選ぶようにしましょう。

主にクリーム、乳液、ローション、ジェルなど液体の日焼け止めの商品のなかにウォータープルーフの日焼け止めがあります。

スプレー、パウダー、シートなどの日焼け止め

スプレー、パウダー、シートなどの日焼け止めは、液体の日焼け止めと比べて使いやすいというメリットがあるのですが何度か塗り直す必要があり、液体の日焼け止めと比較すると日焼け止めとしての効果も薄くなっています。

そのため、使う用途としては急に出かける必要があるときや近くの場所に短時間出かけるとき、液体の日焼け止めにプラスしててスプレー、パウダー、シートなどの日焼け止めを併用して日焼け止めの効果を高めるなどが主な用途になります。

美白の効果も期待できる飲むタイプの日焼け止めサプリ

近年になり美白効果のある飲む日焼け止めサプリという商品が発売されるようになりました。

ビタミンCなど美白効果のある成分が多く配合されているので体への悪影響もありません。

ただ、地肌に塗るタイプの日焼け止めと比較して紫外線を防ぐ効果は薄いので、塗るタイプの日焼け止めと併用して使うようにしましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの効果や種類をご紹介させていただきましたが、実際に日焼け止めを選ぶ際に何を基準にして選べば良いのか分からない方も多いかと思います。

そこで、初めて日焼け止めを使う方でも分かるように日焼け止めの選び方をご紹介していきたいと思います。

日焼け止めに配合されたUV(紫外線)のカット成分

一番大切になってくるのは、紫外線をカットする成分の多さです。

先ほどご紹介させていただいたように日焼け止めには、SPFとPAという紫外線(UVB、UVA)の遮断効果の高さを表す指標があります。

SPFは30や50など数値で表されており数値が大きい方が効果が高く、PAは「+」で表記されており「+」「++」「+++」「++++」の4段階で効果の高さが分けられています。

近所へ出かける場合はSPFが30以上、PAが++以上の日焼け止め、レジャーやキャンプなど長時間出かける場合はSPFが50以上、PAが+++以上の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんや子供に塗るなら低刺激のベビー用の日焼け止め

大人よりも赤ちゃんや子供は皮膚が薄いため紫外線による影響を受けやすくなっています。

そのため、日焼け止めを使った方が良いのですが赤ちゃんに大人用の日焼け止めを使うと肌への刺激が強すぎるためあまりおすすめは出来ません。

なので、赤ちゃんや小さい子供にはベビー用の肌への刺激が弱い日焼け止めを選んでから使うようにしましょう。

敏感肌の方は無添加、オーガニックの日焼け止め

敏感肌の方は市販で販売されている日焼け止めだと刺激が強すぎる場合があると思います。

そういう場合は、保存料や着色料、香料などの添加物が配合されていない無添加の日焼け止めや高品質の素材で作られたオーガニックの日焼け止めを使うようにすると肌への刺激を抑えられるようになります。

乾燥肌の方は保湿成分が入ってる日焼け止め

乾燥肌の方はクリームや乳液タイプの日焼け止めを使うようにするのがおすすめです。

クリームや乳液の日焼け止めには保湿成分が配合されていることが多いため肌の乾燥を気にすることなく日焼け止めを使うことができるようになります。

アレルギーや敏感肌の方はノンケミカルの日焼け止め

アレルギーや敏感肌の方は、肌に優しい素材で作られたノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

ノンケミカルの日焼け止めは無機系素材と有機系素材の2種類があり、無機系素材のノンケミカル日焼け止めの方がアレルギーの症状が出るリスクを抑えられます。

また、日焼け止めとしての使う心地も良く効果もあるというメリットがあるのですが、一般的な日焼け止めと比べて値段が高めになっています。

色白の美白になりたいならビタミンが入った日焼け止め

日焼け止めは主に紫外線を防いで日焼けを防止することですが、ビタミンが配合された日焼け止めであれば同時に色白の肌に近づける美白効果も期待でき、美白効果のあるビタミンCが配合された日焼け止めがおすすめです。

PR : 日焼け止めだけではカバー出来ない肌トラブルをケアできるリピート率98.5%の人気コスメセット

1位

b.glen(ビーグレン)
1位 ホワイトケア トライアルセット

1,800円
b.glen(ビーグレン)の「ホワイトケア トライアルセット」
b.glen(ビーグレン)

ホワイトケア トライアルセット

最安値 1,800円

日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング11選

それでは、日焼け止めのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた日焼け止めの選び方などをご参考にしながら気になる日焼け止めがあるかご覧いただければと思います。

また、日焼け止めのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での日焼け止めの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

11位

花王
11位 ビオレUV アクアリッチウォータリエッセンス 85g

1,000円
花王の「ビオレUV アクアリッチウォータリエッセンス 85g」
花王

ビオレUV アクアリッチウォータリエッセンス 85g

最安値 1,000円

10位

NULLメンズ化粧品
10位 NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル

1,833円
NULLメンズ化粧品の「NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル」
NULLメンズ化粧品

NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル

最安値 1,833円

9位

KOSE
9位 雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 35g

1,102円
KOSEの「雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 35g」
KOSE

雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 35g

最安値 1,102円

8位

POLA
8位 B.A プロテクター

11,000円
POLAの「B.A プロテクター」
POLA

B.A プロテクター

最安値 11,000円

7位

ACSEINE(アクセーヌ)
7位 スーパーサンシールド

3,266円
ACSEINE(アクセーヌ)の「スーパーサンシールド」
ACSEINE(アクセーヌ)

スーパーサンシールド

最安値 3,266円

6位

NALC
6位 パーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

2,481円
NALCの「パーフェクトウォータープルーフ日焼け止め」
NALC

パーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

最安値 2,481円

5位

ALLIE(アリィー)
5位 エクストラUV プロテクター ホワイトニング 60ml [医薬部外品]

1,763円
ALLIE(アリィー)の「エクストラUV プロテクター ホワイトニング 60ml [医薬部外品]」
ALLIE(アリィー)

エクストラUV プロテクター ホワイトニング 60ml [医薬部外品]

最安値 1,763円

4位

NALC
4位 薬用ヘパリンミルクローション

2,666円
NALCの「薬用ヘパリンミルクローション」
NALC

薬用ヘパリンミルクローション

最安値 2,666円

2位

POLA
2位 ホワイティシモ

3,800円
POLAの「ホワイティシモ」
POLA

ホワイティシモ

最安値 3,800円

1位

ANESSA(アネッサ)
1位 パーフェクトUVサンスクリーン

4,343円
ANESSA(アネッサ)の「パーフェクトUVサンスクリーン」
ANESSA(アネッサ)

パーフェクトUVサンスクリーン

最安値 4,343円

日焼け止めの比較

日焼け止めのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を一覧表としてまとめさせていただきました。日焼け止めの特徴を比較しながら気になる日焼け止めを選んでみましょう。

画像 b.glen(ビーグレン)の「ホワイトケア トライアルセット」 花王の「ビオレUV アクアリッチウォータリエッセンス 85g」 NULLメンズ化粧品の「NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル」 KOSEの「雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 35g」 POLAの「B.A プロテクター」 ACSEINE(アクセーヌ)の「スーパーサンシールド」 NALCの「パーフェクトウォータープルーフ日焼け止め」 ALLIE(アリィー)の「エクストラUV プロテクター ホワイトニング 60ml [医薬部外品]」 NALCの「薬用ヘパリンミルクローション」 NIVEAの「プロテクトウォータージェル」 POLAの「ホワイティシモ」 ANESSA(アネッサ)の「パーフェクトUVサンスクリーン」
商品名 ホワイトケア トライアルセット ビオレUV アクアリッチウォータリエッセンス 85g NULLウォータープルーフ日焼け止め ジェル 雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 35g B.A プロテクター スーパーサンシールド パーフェクトウォータープルーフ日焼け止め エクストラUV プロテクター ホワイトニング 60ml [医薬部外品] 薬用ヘパリンミルクローション プロテクトウォータージェル ホワイティシモ パーフェクトUVサンスクリーン
価格 1,800円 1,000円 1,833円 1,102円 11,000円 3,266円 2,481円 1,763円 2,666円 677円 3,800円 4,343円
商品について
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ

日焼け止めの売れ筋ランキング

ご参考までに、日焼け止めのamazonや楽天での売れ筋ランキングをご紹介させていただきます。

Amazon 日焼け止め 売れ筋ランキング

楽天 日焼け止め 売れ筋ランキング

まとめ

日焼け止めの効果や種類、選び方に加えて日焼け止めの最強オススメ人気ランキングをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

紫外線を浴びすぎると日焼けをして肌が黒くなるだけでなく、シワやシミ、ソバカスなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

日焼け止めを使い日頃から肌のケアをしておくと綺麗な肌を維持できるのでお気に入りの日焼け止めを探してみましょう。

コスメ・美容・ヘアのおすすめ記事