バリスタが推奨!コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選

今では自宅で手軽に本格派のコーヒーが飲めるようになりました。コーヒーメーカーの存在が大きく関係しています。コーヒーメーカーには大きく分けて4種類に分類できます。ここではそれぞれの特徴や具体的にどのような商品を購入すべきか、おすすめの10アイテムについて詳しく見ていきます。

そこで、コーヒーメーカーの選び方に加えてコーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

人気のあるコーヒーメーカーの特徴

現在ではいろいろなメーカーからコーヒーメーカーが発売されています。コーヒーメーカーとは簡単に説明すると、電気の力を使ってお湯を沸かす、コーヒーを抽出するの両方を行う家電のことです。これだけにとどまらず、多機能型の機種も近年では登場しています。一人暮らしの方のためにコンパクトサイズのモデルなども出ていて、使い勝手がだいぶ良くなっています。

ミル付きなどの使い勝手が良いコーヒーメーカー

豆を挽く行為のミル機能のついているコーヒーメーカーも近年では出てきています。インスタントコーヒーを飲むのと同じような手間で、挽きたてのおいしいコーヒーを自宅でも手軽に味わえます。市販の缶コーヒーと比較して香りも芳醇となって、コーヒー豆本来の味がより強く反映されます。お店のコーヒーを自宅で簡単に味わえます。

おしゃれなデザインのコーヒーメーカー

最近のコーヒーメーカーを見てみると機能性はもちろんのこと、デザイン性にもこだわったものが出てきつつあります。鮮やかな色合いに仕上がったものもあれば、シンプルでスタイリッシュさを売りにした商品などバリエーションが豊富です。キッチンやリビングに置いておくだけでも、おしゃれな空間に変えられるようなアイテムも出てきています。

コンパクトなコーヒーメーカーは一人暮らしに最適

一人暮らしをしている人はワンルームなど、スペースに限りがあるでしょう。このためあまり大きな家電製品を入れられないのではありませんか?そのような人のために、コンパクトサイズのコーヒーメーカーも出てきています。別にかさばらないので、リビングのテーブルの上に置いておいても別に邪魔にはなりません。

全自動のコーヒーメーカーはお手入れが簡単

豆を挽き、ドリップしてくれる全自動のコーヒーメーカーも最近ではいろいろと出てきています。何もしなくても、引き立ての本格派のコーヒーを堪能できるところが全自動コーヒーメーカーのメリットです。ただ機械にコーヒー豆を入れるだけで、あとは機械が勝手にやってくれます。あとは出来上がりを待つだけです。

コーヒーメーカーの種類

ドリップ式|家庭用では定番のタイプ

家庭用の中でも最も一般的なタイプです。電気湯沸かし器でお湯を沸かせ、セットしたコーヒーパウダーに注いでくれます。そして容器に貯まっていく仕組みです。容器は保温プレートの上に乗っかっているため、いつまでも温かいコーヒーを楽しめます。

カプセル式|最近流行のタイプ

最近人気になっているのが、カプセル式のコーヒーメーカーです。専用のカプセルが出ているので、こちらをタンクにセットし水を容器に入れておきます。するとあとは自動的にコーヒーを入れてくれます。一人分のコーヒーでも簡単に作れます。

エスプレッソマシン|カフェラテやカプチーノも

コーヒーの中でもエスプレッソはコーヒーのうまみやコクが濃縮されていて人気です。このエスプレッソを自宅でも簡単に作れるコーヒーメーカーも出てきています。こちらがあれば、カフェラテやカプチーノなども手軽に作れます。

サイフォン式 |気圧でコーヒーを抽出

サイフォン式とは下の容器でお湯を沸かし、蒸気圧を使って上にセッティングされたロートにお湯をためるタイプのコーヒーメーカーです。火を止めると気圧が下がることによって、上から下の容器にお湯が落ち、それでコーヒーを抽出するわけです。

全自動式|メーカーに豆を入れるだけ

全自動式コーヒーメーカーもいろいろと出てきています。こちらはコーヒー豆を入れるだけで、あとはマシンが自動的にコーヒーを入れてくれます。簡単に本格的なコーヒーを自宅で飲めるところが魅力的です。

コーヒーメーカーの選び方

検索などをしていただくとわかりますが、現在では多種多様なコーヒーメーカーがラインナップされています。その中からどれを選べば良いか、比較すべきポイントについてまとめてみました。以下で紹介するものの中から、何を優先すべきか考えてみましょう。

コーヒーメーカーが作れる容量

ドリップ式のコーヒーメーカーを購入する場合、一度にどれくらいの容量を入れられるかがポイントになります。定番は4~5杯程度でこれだけあれば家族で飲む場合、十分でしょう。しかし友人を呼ぶことが多ければ、10杯以上の大容量タイプがおすすめです。

保温機能やタイマーといったコーヒーメーカーの機能性

近年では多機能性を売りにしたコーヒーメーカーなども出ています。具体的には保温やタイマーといった機能です。これらの機能が搭載されていると、いつまでも温かいコーヒーを楽しめるメリットがあります。

置き場所やコーヒーメーカーの大きさ

コーヒーメーカーの大きさで比較する方法もあります。特に一人暮らしなど、あまり部屋の広くない人は優先して考慮したほうがいいです。コンパクトサイズのコーヒーメーカーであれば、部屋の中で邪魔にもなりません。

コーヒーメーカーの値段

コーヒーメーカーを購入するにあたって、予算を設定すると候補をぐっと絞り込めます。コーヒーメーカーといっても値段はピンキリです。どの程度までの額なら出せるか、自分の中でラインを決めておきましょう。

コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいたコーヒーメーカーの選び方などをご参考にしながら気になるコーヒーメーカーがあるかご覧いただければと思います。

また、コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由でのコーヒーメーカーの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

siroca(シロカ)
10位 siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし]

8,600円
siroca(シロカ)の「siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし]」
siroca(シロカ)

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし]

最安値 8,600円

全自動タイプのコーヒーメーカーです。引き立てのコーヒー豆から抽出された味を堪能できます。ミル機能が搭載されているのですが、4段階で自由に設定できます。自分の納得のいく味に調節できるわけです。フィルターはステンレスメッシュのものを使っているため、ペーパーでは難しかった豆の油分まで抽出でき、コクの深いコーヒーを味わえます。

9位

シロカ
9位 siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

9,241円
シロカの「siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]」
シロカ

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]

最安値 9,241円

こちらも全自動タイプのコーヒーメーカーです。ブレードを新しくしたことで、粒度を従来よりも均一にすることに成功しました。コンパクトサイズに設計されているため、置く場所にも困りません。自宅で1杯30円程度でお店に出すものとそん色ないコーヒーが楽しめます。

8位

DeLonghi(デロンギ)
8位 デロンギ コンパクト全自動コーヒーマシン マグニフィカS ブラック ECAM23120BN

61,852円
DeLonghi(デロンギ)の「デロンギ コンパクト全自動コーヒーマシン マグニフィカS ブラック ECAM23120BN」
DeLonghi(デロンギ)

デロンギ コンパクト全自動コーヒーマシン マグニフィカS ブラック ECAM23120BN

最安値 61,852円

エスプレッソを作るコーヒーメーカーです。こちらのマシンにはカフェ・ジャポーネと呼ばれる機能が搭載されています。ハンドドリップさながらコーヒー豆を抽出するため、香りとうまみが豊潤で本格派の一杯を堪能できます。ミルクフロッサーがついているため、ミルクをスチームで泡立てることも可能で、カプチーノやカフェラテも自宅で簡単に作れます。

7位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
7位 象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA

2,297円
象印マホービン(ZOJIRUSHI)の「象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA」
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA

最安値 2,297円

浄水機能がついていたコーヒーメーカーです。水道水で作ってもカルキを抜いて入れてくれるため、臭みのないコーヒー豆の持っている本来のおいしさを追求できます。水タンクがついていて、必要な量だけコーヒーを簡単に作れます。1杯からもちろん作ることができ、一度に最大4杯までコーヒーを入れてくれるマシンです。

6位

THERMOS(サーモス)
6位 サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK

5,125円
THERMOS(サーモス)の「サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK」
THERMOS(サーモス)

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK

最安値 5,125円

ポットに入れるタイプのコーヒーメーカーになります。このため電源も必要なく、幅も15.5㎝とスリムですから家の中で簡単に持ち運びができます。ステンレス製のポットは真空断熱構造になっているため、保温力に優れています。構造がシンプルでパーツに分けて洗浄可能ですから、いつまでもきれいな状態でコーヒーを楽しめます。

5位

象印(ZOJIRUSHI)
5位 象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA

2,010円
象印(ZOJIRUSHI)の「象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA」
象印(ZOJIRUSHI)

象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA

最安値 2,010円

浄水機能が搭載されているコーヒーメーカーで、カルキ初期除去率は98%に達します。よりコーヒー豆の香りや味わいを堪能できる仕上がりです。水タンクには目盛りがついているため、自分の入れたい量を正確に簡単に調節できます。1杯から作ることが可能で、最大4杯も入れられるため家族でコーヒーを楽しめます。

4位

ネスカフェ NBA
4位 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ フィフティ シャンパンゴールド HPM9634ーCG

4,612円
ネスカフェ NBAの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ フィフティ シャンパンゴールド HPM9634ーCG」
ネスカフェ NBA

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ フィフティ シャンパンゴールド HPM9634ーCG

最安値 4,612円

2009年に発売されて400万台以上累計で売り上げたコーヒーメーカーシリーズの中の一つです。コーヒーをタンクの中に入れてマシンをセットし、ネスレブライトをコップの中に入れれば簡単に出来上がりです。ボディはスリムに設計されているため、どのようなスペースにも無理なくセットできます。クリーニングボタンを押せば、簡単にメンテナンスできるところも魅力です。

3位

Melitta (メリタ)
3位 Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B

5,371円
Melitta (メリタ)の「Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B」
Melitta (メリタ)

Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B

最安値 5,371円

コーヒーメーカーにはステンレスポットが搭載されているのですが、真空二重構造になっているため保温性に優れています。大口径になっているので、少々大きめの氷も入れられ、自宅で本格的なアイスコーヒーも手軽に楽しめます。一つ穴の抽出スタイルのため、お湯の流れを一定に調節でき、ベストなコーヒーの味と香りを堪能できます。

2位

パナソニック(Panasonic)
2位 パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K

16,633円
パナソニック(Panasonic)の「パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K」
パナソニック(Panasonic)

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K

最安値 16,633円

豆引きからミルの洗浄まで全自動で行ってくれるタイプのコーヒーメーカーです。マイルドとリッチのほかにも挽き分けにも対応しているため、4種類のコーヒーを自由に楽しめます。浄水機能によって、カルキを90%以上カットできるため、水道水の臭みなどを感じずにコーヒー本来の味わいを堪能できます。

1位

ネスカフェ NBA
1位 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

3,408円
ネスカフェ NBAの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631」
ネスカフェ NBA

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

最安値 3,408円

簡単なボタン操作によって、5種類のコーヒーが選べるコーヒーメーカーです。コーヒーのほかにもカフェラテやカプチーノ、エスプレッソ、ブラックをチョイスできます。部品の取り外しが簡単で、水洗いだけで簡単にお手入れできます。毎日洗浄すれば、衛生面の心配をすることなくおいしいコーヒーを楽しめます。

コーヒーメーカーの比較

コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を一覧表としてまとめさせていただきました。コーヒーメーカーの特徴を比較しながら気になるコーヒーメーカーを選んでみましょう。

画像 #<Brand:0x000055ef762fbd70>の「siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし]」 シロカの「siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし]」 DeLonghi(デロンギ)の「デロンギ コンパクト全自動コーヒーマシン マグニフィカS ブラック ECAM23120BN」 THERMOS(サーモス)の「サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK」 象印(ZOJIRUSHI)の「象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA」 ネスカフェ NBAの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ フィフティ シャンパンゴールド HPM9634ーCG」 Melitta (メリタ)の「Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B」 パナソニック(Panasonic)の「パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K」 ネスカフェ NBAの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631」 象印マホービン(ZOJIRUSHI)の「象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA」
商品名 siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー[ガラスサーバー/ミル内蔵/ドリップ方式/保温/蒸らし] siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 ステンレスシルバー 新ブレード搭載[ガラスサーバー/静音/粒度均一/ミル内蔵2段階/豆・粉両対応/蒸らし] デロンギ コンパクト全自動コーヒーマシン マグニフィカS ブラック ECAM23120BN サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK 象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ フィフティ シャンパンゴールド HPM9634ーCG Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631 象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA
価格 8,600円 9,241円 61,852円 5,125円 2,010円 4,612円 5,371円 16,633円 3,408円 2,297円
商品について
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ

コーヒーメーカーの売れ筋ランキング

コーヒーメーカーの選び方やコーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング、コーヒーメーカーを安く借りられるコーヒーメーカーレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるコーヒーメーカーが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのコーヒーメーカーの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon コーヒーメーカー 売れ筋ランキング

Yahooショッピング コーヒーメーカー 売れ筋ランキング

まとめ

今では日本の食卓でもおなじみになったコーヒーです。インスタントであれば簡単に作れますが、お店のようなおいしいコーヒーが飲みたいと思っている人も多いでしょう。その場合にはコーヒーメーカーを購入するのがおすすめです。

近年では浄水機能付きでカルキ臭を取り除くことのできるものや全自動で簡単な操作をすればおいしい挽きたてのコーヒーを楽しめるような種類も出てきています。何を優先するか決めてから、各コーヒーメーカーを比較してみましょう。

キッチンのおすすめ記事