精米機のおすすめ人気ランキング10選

日本人にとって、ご飯は日々の食卓にやはり欠かせないものといえます。ご飯の味にこだわりたいと思っている人は、精米機を自宅に取り入れたいと思うかもしれません。そこでここでは精米機を購入したい人のためにどのような種類があるのか、選ぶにあたってどこに注視すればいいかについて詳しく見ていきます。

そこで、精米機の選び方に加えて精米機のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

精米機とは

精米機とは玄米を白米に変えるための機械です。精米してからのお米は栄養価が時間の経過とともに落ちてしまいます。お米の持っている栄養分をできるだけ多く摂取するためには、炊く寸前に精米するのがベストです。このため、玄米を購入して自宅で精米機を使って白米にし、鮮度の高いご飯を食べる家庭も増えています。

精米機を使って玄米からぬかを取り除く

玄米はよく「ぬか」といいますが、果皮や種皮、糊粉層に覆われています。これを取り除き精米するのが精米機の役割です。どのようにして殻を取り除くのか、種類によって若干仕組みは異なります。しかし基本的には玄米同士をこすり合わせることで、殻を履きとっていく仕組みとなっています。

精米後したお米は早めに食べよう

精米してからの白米は、時間が経過すればするほど栄養価が徐々に落ちますし、表面の酸化が進んでしまいます。おいしい状態でお米を食べたければ、精米後1週間程度で消費するのがおすすめです。

ということは精米機を自宅で使用するなら、1週間分のお米を精米するように心がけるといいでしょう。そうすればいつでも鮮度の高いおいしいご飯が食べられます。

家庭でも使用できるコンパクトな精米機が人気

精米機は農家などで使われますが、業務用の場合大容量でサイズも大きなものが一般的です。業務用は一般家庭の中に持ち込んで使用するのは現実的ではないです。

しかし近年コンパクトサイズの精米機も出てきています。一般の住宅のキッチンにおいてもかさばらないようなサイズのものも少なからず見られます。

精米機の種類

かくはん対流式 |米の劣化を最小限に

かくはん対流式とは、精米機に内蔵されている羽を回転させることで米同士やかごとこすり合わせることで殻などを取り除く方式です。こちらの精米機は、お米の劣化を抑制できるメリットがあります。

この方式の場合、温度上昇が作動時抑制できます。このため、酸化しにくいわけです。しかし運転音はやや大きくなります。

変則かくはん対流式 |従来の拡販の欠点を克服

かくはん対流式は米同士などをこすり合わせることで殻を取り除く精米機です。しかしこの場合、お米の欠けてしまう恐れがあります。

変則かくはん式は、このお米の欠けを抑制できる仕組みになっています。きれいでお米本来のうまみを最大限に引き出してくれるということで、この方式の精米機がにわかに人気です。

圧力循環式|精米のムラが少なく

圧力方式の精米機があるのですが、温度上昇によって酸化しやすいのがデメリットとされていました。圧力循環方式は文字通り循環させることで温度上昇を少なくして、精米のムラが少なくできます。

圧力一回通し式 |お米が割れにくい

玄米を圧力によってこすり合わせることでぬかを取り除く精米機です。お米が割れにくいため、栄養素を損なうことが少ないです。運転音も静かな一方、温度が高くなるために酸化しやすいのが弱点です。

精米機の選び方

おいしいご飯を毎日食べるために、自宅に精米機を導入したいと思っている人はいませんか?精米機を購入するにあたって、何を基準に選べばよいかわからないという人はいませんか?いくつか選ぶにあたってのポイントがありますから、以下でまとめてみました。

精米機が一度に精米できる量

一度に精米できる量をベースに精米機を選ぶ方法があります。精米してしまうと酸化が進んでしまうので、消費する量に合わせて比較するのがおすすめです。家族の人数に合わせて精米機を選んでみるといいでしょう。

対応するコースの種類

精米機の中にはいくつかのモードを用意しているものも見られます。白米のほかにも胚芽米や無洗米、分づきなどのコースが用意されていると日によってお米を変えることも可能です。

精米機のメーカー

精米機のメーカーで探してみるのも一つの方法です。新商品をどんどん投入して、多機能性なものを発売しているメーカーや量販店で手軽に購入できるものなど特徴が見られます。食品のほかにもモーター専業メーカーの出す精米機もあります。

精米機の値段

精米機の相場を見てみると、かくはん方式が1万円から・圧力方式は3万円からといったところです。手軽に使うならかくはん方式で、多少お金を出しても本格的にこだわりたければ圧力方式がおすすめです。

精米機のおすすめ人気ランキング10選

精米機の選び方のポイントについて紹介しましたが、「それでも実際に一台に絞るのは難しい…」と思っている人はいませんか?そのような人のために具体的におすすめの精米機について10個、以下で詳しく見ていきます。

10位 サタケ RSKM300

1位

サタケ
1位 キッチン用精米機 RSKM300

9,241円
サタケの「キッチン用精米機 RSKM300」

サタケは農林水産大臣賞を受賞した実績のあるメーカーです。そのメーカーが発売しているこだわりの精米機です。誰でも使いやすい構造になっているところが人気の理由です。

例えばブザーによって次の工程を教えてくれるため、初心者でも使いやすいです。点字パネルを導入しているため、目の不自由な方でも扱いやすいです。

9位 TWINBIRD MR-E751W

1位

ツインバード工業(TWINBIRD)
1位 コンパクト精米器 MR-E751W

11,713円
ツインバード工業(TWINBIRD)の「コンパクト精米器 MR-E751W」
ツインバード工業(TWINBIRD)

コンパクト精米器 MR-E751W

最安値 11,713円

米どころとして有名な新潟のメーカーが販売している精米機です。精米機を導入するにあたって、マンションなど集合住宅だと騒音で隣人に迷惑をかけてしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。

こちらの精米機は、メーカー従来品と比較して5デシベルも音量を低減することに成功しました。夜間に精米しても迷惑をかけることはないでしょう。

8位 象印 BR-EB10-HA

1位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
1位 精米機 BR-EB10-HA

23,575円
象印マホービン(ZOJIRUSHI)の「精米機 BR-EB10-HA」
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

精米機 BR-EB10-HA

最安値 23,575円

お米屋さんの使っている精米機と同じ圧力精米方式を採用しています。このため、本格的な精米が自宅で簡単にできます。

こちらの精米機には白米フレッシュと呼ばれる機能が搭載されています。市販の白米の表面を薄く削ることで、酸化の始まったお米の鮮度がよみがえります。ブラシもついているので、細かなところも簡単にお手入れできます。

7位 山本電気 Bisen RC41

1位

山本電気
1位 家庭用精米機 YE-RC41W

16,478円
山本電気の「家庭用精米機 YE-RC41W」

こちらの精米機は回転制御を3段階に分けて行っているのが特徴です。精米具合を自由にコントロールできますし、お米の温度が上昇せず酸化を防ぎます。

操作性に優れているのも人気の理由です。4つのボタンでいろいろな操作ができますし、大型の液晶で見やすいデザインとなっているところも魅力です。

【6位 TWINBIRD MR-D572W

1位

A-PRICE楽天市場店
1位 精米機 MR-D572W

6,556円
A-PRICE楽天市場店の「精米機 MR-D572W」
A-PRICE楽天市場店

精米機 MR-D572W

最安値 6,556円

ツインバードはリーズナブルな精米機を提供しているメーカーとしてに人気です。その特徴を体現している精米機といえます。

かくはん方式でシンプルな操作内容になっているので、これから精米デビューをする初心者でも扱いやすいです。お米本来のうまみを十分堪能できるでしょう。サイズも小さくてキッチンの中に置いてもかさばりません。

5位 タイガー RSF-A100-R Tiger

1位

タイガー魔法瓶(TIGER)
1位 タイガー 精米機 家庭用 無洗米 機能付 RSF-A100-R Tiger

16,999円
タイガー魔法瓶(TIGER)の「タイガー 精米機 家庭用 無洗米 機能付 RSF-A100-R Tiger」
タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー 精米機 家庭用 無洗米 機能付 RSF-A100-R Tiger

最安値 16,999円

こちらの精米機は変速かくはん方式を採用しています。従来のかくはん方式の場合、お米が欠けるなど大きな負担のかかるのがネックでした。しかしこちらの方式であれば、お米への負担を最小限に抑制できます。

多彩なコースを用意しているところも人気の理由です。実に10種類のコースが用意されているので、その時々で食べたいお米を簡単に精米できます。

4位 アイリスオーヤマ RCI-B5-W

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
1位 アイリスオーヤマ 家庭用精米機 RCI-B5-W

12,945円
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「アイリスオーヤマ 家庭用精米機 RCI-B5-W」
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 家庭用精米機 RCI-B5-W

最安値 12,945円

こちらの精米機は最大5合までの精米が可能です。しかも精米し終わったら、続けてまた連続して行えるため、一度に大量の白米を作ることが可能です。

対応している銘柄も多いので、どのようなお米でも絶妙な感じで精米できます。実に40銘柄のお米に対応しています。ぬかボックスには取っ手がついているので、簡単に処理できます。

3位 アイリスオーヤマ RCI-A5-B

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
1位 アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき RCI-A5-B

7,945円
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき RCI-A5-B」
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき RCI-A5-B

最安値 7,945円

通販サイトのランキング上位に来ることも多い精米機です。31銘柄に合わせて精米できる使い勝手の良さが高く評価されています。うまみや栄養を残しながら精米してくれるので、いつでもおいしいご飯が炊けます。

シンプルな操作内容でありながら高機能であるところが魅力です。デザインもスタイリッシュな感じですから、おしゃれにキッチンをコーディネートできます。

2位 ツインバード MR-E500W

1位

ツインバード工業(TWINBIRD)
1位 ツインバード コンパクト精米器 MR-E500W

8,778円
ツインバード工業(TWINBIRD)の「ツインバード コンパクト精米器 MR-E500W」
ツインバード工業(TWINBIRD)

ツインバード コンパクト精米器 MR-E500W

最安値 8,778円

4つの精米モードに対応しているので、自分好みの精米のできるところが人気の理由です。古いお米で酸化しているものでも白米みがきモードで、鮮度をよみがえらせることも可能です。

扱いやすい精米機に仕上がっているところも魅力です。スタート・停止ボタンで作動させ、モード選択ボタンでモードを選択し、精米量をダイヤルで合わせれば、簡単に精米できます。

1位 山本電気 MB-RC52B

1位

山本電気
1位 家庭用精米機 匠味米 MB-RC52B

10,186円
山本電気の「家庭用精米機 匠味米 MB-RC52B」

和食の有名料理人が監修した精米機として、高い人気を誇ります。お米を丁寧に磨いてくれる一方で必要以上に負担をかけないので、お米の栄養分を損なうことがないです。

操作性にも優れていますから、初心者でも簡単に使えるようになっています。大型パネルが取り付けられているので、モードなどを確認しながら操作できるところが魅力です。

まとめ

精米機というと農家などで使用するものというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし上で紹介したように、一般家庭でも扱えるような精米機もいろいろなメーカーから発売されています。

精米機というと大きな音が気になるという方もいるでしょう。しかしできるだけ運転音を小さく抑えることに成功したモデルも出ていて、マンションなどで使っても隣人に迷惑をかけることもないです。

1万円や3万円といった、一般の方でも購入できるような金額で販売されている機種も多いです。お米屋さんと比較してもそん色ない、鮮度の高い白米を自宅で手軽に味わってみませんか?

グルメのおすすめ記事