髭剃りのおすすめ人気ランキング10選

男性の身だしなみにとって欠かせないのが髭剃りです。髭剃りはいろいろなメーカーから販売されていて、いざ購入するとなると何にすればいいのか困るという方はいませんか?そこでここでは髭剃りの選び方と具体的にどんな商品がおすすめかについて紹介します。

そこで、髭剃りの選び方に加えて髭剃りのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

人気のある髭剃りの特徴

髭剃りとは文字通り、刃物を使って髭を剃るためのアイテムです。髭に限らず、あらゆる体毛を剃るために愛用されています。「剃刀」という言葉で紹介されることもありますが、これは「髪の毛を剃る」というところからきています。昔は剃毛するための道具としても活用されたこともあります。

メンテナンス性や使い勝手の良い髭剃

髭剃りは男性の場合、ほぼ毎日利用している人が多いでしょう。毎日使用するものである以上、使い勝手のいいものの方が人気です。

寿命があるため、ある程度使い続けたら、新しいものと交換します。しかしできることなら少しでも長く使い続けたほうがコスパもいいです。そこでメンテナンス性に優れた髭剃りの方が人気は高いです。

深剃りに対応した髭剃り

髭の濃い方の間でよく聞かれるのが、「深剃りしたい」という意見です。しっかり髭を剃ることができれば、シェービングの回数を少なくできます。

このような人の間で人気のあるのは、深剃りに対応した髭剃りです。ただし深剃りの場合、それだけ肌に負担をかける可能性があります。肌のケアもきちんとできている髭剃りの方が支持も集まりやすいです。

肌への負担が少なくヒリヒリしにくい髭剃り

髭剃りを使用した後で、肌が日焼けしたときのようにヒリヒリした経験はありませんか?これは目に見えないレベルで肌がダメージを受けたことに原因があります。

もしこのような髭剃りを使用しているのなら、別のものにスイッチしたほうがいいでしょう。ヒリヒリ感じにくい、肌への負担のかかりにくい髭剃りも出ていて人気です。

髭剃りの種類

T字型髭剃り|髭剃りの中でも定番

T字髭剃りは肌にあたる角度が固定されているのが特徴です。このため、本体を傾けるだけで剃れるので安全性が極めて高いです。手動の髭剃りの中では定番で、数多くの商品が出回っています。

I字型髭剃り |剃りにくいところにも対応

先ほど紹介したT字型髭剃りでは剃りにくい部分もあるでしょう。このI字型髭剃りの場合、小回りが利きます。よってT字型では完全に剃ることのできなかった箇所でも対応可能です。髭のほかにも眉毛や産毛を整えるのにも適しています。

1枚刃|歴史の長いカミソリ

1枚刃は1900年の初めに登場しましたから、歴史ある髭剃りの種類です。使いこなすためにはそれなりの技術が要求されます。しかし肌と刃のあたりを調整しながら剃れれば、きれいな仕上がりにすることも期待できます。

3枚刃 |深剃りを希望する人向け

3枚刃は1990年初めに登場した髭剃りです。文字通り3枚の刃で構成されているのですが、その下にマイクロフィンが搭載されています。このフィンが髭を立たせる役割を果たし、よりしっかりと深剃りできるところが特徴です。

5枚刃|肌に負担をかけない

5枚刃の髭剃りも出ていますが、肌質の弱い人向けです。5枚刃は髭を5分割して切ることによって、抵抗を減らします。その結果、肌への負担をほかの種類と比較して軽減できます。肌がヒリヒリするなどのトラブルも起こりにくいです。

髭剃りの選び方

髭剃りを購入するにあたって、どのようなところに注意すればいいのでしょうか?ポイントはいろいろとあって、安全性や耐久性などが考えられます。また男性でも髭の濃さは人それぞれで、濃い人と薄い人とではマッチする髭剃りも変わってきます。どのような点に注意して比較すればいいか、まとめてみました。

自分の髭の量に合わせた髭剃りを使おう

髭剃りを選ぶ前に、自分の体毛が濃いかどうかいま一度確認することです。髭の濃い方は深剃りできるものがおすすめです。3~5枚刃のようなものがおすすめです。髭が薄ければ、できるだけ肌に負担のかからない髭剃りを探すといいです。

横滑り防止やトリマーといった髭剃りの安全性

髭剃りは刃物の一種です。これを肌に当てるため、もしやり方を間違えると皮膚を切ってしまうなどのけがに発展しかねません。そこで横滑り防止で出血が起きにくくするものやトリマーなどの安全機能が搭載されているものがおすすめです。

使用頻度や髭剃りの寿命

髭剃りを使い続けると徐々に切れ味が鈍くなります。種類によって若干の違いがありますが、10~14日が目安といわれています。もしできるだけ長く同じものを使い続けたければ、替え刃のついているものを探すのも一つの方法です。

コストパフォーマンスや髭剃りの値段

髭剃りの値段を見てみると、1本あたり数十円から数百円のものなど多彩にわたります。使用する頻度なども考慮して、自分にとって最もコストパフォーマンスのいいものを探すといいでしょう。価格と品質のバランスをうまくとることです。

髭剃りのおすすめ人気ランキング10選

それでは、髭剃りのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた髭剃りの選び方などをご参考にしながら気になる髭剃りがあるかご覧いただければと思います。

また、髭剃りのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での髭剃りの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

ハイドロシルク
10位 シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル カミソリ

884円
ハイドロシルクの「シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル カミソリ」
ハイドロシルク

シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル カミソリ

最安値 884円

トリマー部分がガードによってカバーされているので、髭剃りなどをするときには肌に直接あたらない構造をしています。初めて使用する場合でも、肌を傷つける心配がありません。

こちらの髭剃りで体毛を剃った場合、切り口がほぼ平面になります。このため、チクチクした感じがなく肌もすべすべに仕上げることが可能です。

9位

貝印
9位 Xfit(クロスフィット) 5枚刃 髭剃り

462円
貝印の「Xfit(クロスフィット) 5枚刃 髭剃り」

3D首振り構造になっているため、肌に合わせて柔軟にヘッドが動きます。このため、肌の形状に合わせて髭を剃ることが可能です。

こちらの髭剃りは人間工学を駆使してデザインされています。手になじみやすく、髭をスムーズに剃ることもできます。システムレザーによってしっかりと髭を剃ることができると評価も高いです。

8位

ハイドロ
8位 シック Schick 5枚刃 髭剃り

1,002円
ハイドロの「シック Schick 5枚刃 髭剃り」

守備範囲の広い髭剃りで、髭を剃るだけでなく潤い・刈る・整えると一つで四役を担います。5枚刃にはスキンガード付きで、摩擦を最小限に抑え剃り心地が優しいと評判です。

水に触れると、モイスチャージェルが溶け出します。ヒアルロン酸が配合されたジェルの力で、髭剃りをするごとに肌に潤いを与えてくれるところも支持されています。

7位

ジレット
7位 ジレット 髭剃り 替刃5個付

1,692円
ジレットの「ジレット 髭剃り 替刃5個付」

刃間を狭くして密度を高めることにより、肌への負担を軽減することに成功しました。剃った後で肌がヒリヒリするようなこともないです。

マイクロファンが搭載されていて、刃が触れる前の段階で肌を伸ばして剃りやすくしてくれます。グリップ部分は人間工学に基づき作られていて、手が濡れていてもしっかりグリップできます。

6位

プロテクター
6位 シック Schick プロテクター ディスポ 使い捨て髭剃り 10本入

433円
プロテクターの「シック Schick プロテクター ディスポ 使い捨て髭剃り 10本入」
プロテクター

シック Schick プロテクター ディスポ 使い捨て髭剃り 10本入

最安値 433円

マイクロセーフティワイヤーがついていることで、肌が刃にできるだけ触れないようなデザインとなっています。横滑りをしても肌を切る心配もないです。

首振り式のヘッドになっているため、肌の凹凸にも柔軟にフィットしてくれるため、剃り残しが起こりにくいです。アクアグライドによって、肌と刃の摩耗を減らし、肌を優しくケアしてくれます。

5位

フェザー安全剃刀
5位 フェザー 髭剃り 替刃2個付

594円
フェザー安全剃刀の「フェザー 髭剃り 替刃2個付」
フェザー安全剃刀

フェザー 髭剃り 替刃2個付

最安値 594円

滑らかに髭剃りができる商品として人気が高いです。ヘッドがサスペンションで動きますし、3枚刃が独立して動くため、肌の凹凸にフレキシブルに反応します。

スキンガードによって刃先の体圧を分散し、セラミックスコーティングで肌のダメージを軽減できます。肌に優しく、しっかり髭を剃ることのできる髭剃りです。

4位

ジレット
4位 ジレット カスタムプラスEX首振式 10本入

486円
ジレットの「ジレット カスタムプラスEX首振式 10本入」
ジレット

ジレット カスタムプラスEX首振式 10本入

最安値 486円

価格で髭剃りを購入するのならおすすめです。1本あたりの価格は約70円で、コスパに優れています。お手頃な価格ですが、しっかり髭を剃ることも可能です。

髭剃りが終わった後、刃の間に髭が残ってなかなか取れないことはないですか?こちらの髭剃りの場合、水で簡単に洗い流せるセルフクリーニング機能が搭載されているため、お手入れもしやすいです。

3位

ジレット
3位 ジレット プログライド 髭剃り

649円
ジレットの「ジレット プログライド 髭剃り」
ジレット

ジレット プログライド 髭剃り

最安値 649円

こちらの髭剃りはジレット史上初めてフレックスボールが搭載されたモデルです。どのような角度からでもフェイスラインにしっかり密着できるため、きれいに剃れるところが人気の理由です。

スムーサーにはミネラルオイルと潤滑油が配合されているため、滑らかに髭剃りできるようにも配慮されています。極薄の5枚刃によって、髭をしっかり立たせ深剃りできます。

2位

ジレット
2位 ジレット プログライド 髭剃り

2,774円
ジレットの「ジレット プログライド 髭剃り」
ジレット

ジレット プログライド 髭剃り

最安値 2,774円

革新的な技術を駆使された髭剃りで、スムーズな髭剃りが実現できると評判です。顔の凹凸に合わせて柔軟に刃が動くことで、剃りにくい部分でもしっかり剃れます。

独自のコーティング技術によって、摩擦抵抗力を大幅に低減しました。髭剃りをしているときに髭が引っかかって肌にダメージを与えるような心配もありません。

1位

ハイドロ
1位 シック Schick 5枚刃 クラブパック

2,944円
ハイドロの「シック Schick 5枚刃 クラブパック」
ハイドロ

シック Schick 5枚刃 クラブパック

最安値 2,944円

髭剃りをしているときに濃密ジェルが肌に塗布する仕組みになっています。このためシックの従来品と比較して、肌への摩擦を40%も削減することに成功しました。スキンガードも相まって、肌に優しい髭剃りに仕上がりました。

こちらの髭剃りには、パラレルフィンガードバーが搭載されています。刃と肌への密着性を高めることで、深剃りを行うことも可能です。

髭剃りの比較

髭剃りのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を一覧表としてまとめさせていただきました。髭剃りの特徴を比較しながら気になる髭剃りを選んでみましょう。

画像 ハイドロシルクの「シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル カミソリ」 貝印の「Xfit(クロスフィット) 5枚刃 髭剃り」 ハイドロの「シック Schick 5枚刃 髭剃り」 ジレットの「ジレット 髭剃り 替刃5個付」 プロテクターの「シック Schick プロテクター ディスポ 使い捨て髭剃り 10本入」 フェザー安全剃刀の「フェザー 髭剃り 替刃2個付」 ジレットの「ジレット カスタムプラスEX首振式 10本入」 ジレットの「ジレット プログライド 髭剃り」 ジレットの「ジレット プログライド 髭剃り」 ハイドロの「シック Schick 5枚刃 クラブパック」
商品名 シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル カミソリ Xfit(クロスフィット) 5枚刃 髭剃り シック Schick 5枚刃 髭剃り ジレット 髭剃り 替刃5個付 シック Schick プロテクター ディスポ 使い捨て髭剃り 10本入 フェザー 髭剃り 替刃2個付 ジレット カスタムプラスEX首振式 10本入 ジレット プログライド 髭剃り ジレット プログライド 髭剃り シック Schick 5枚刃 クラブパック
価格 884円 462円 1,002円 1,692円 433円 594円 486円 649円 2,774円 2,944円
商品について
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ

髭剃りの売れ筋ランキング

髭剃りの選び方や髭剃りのおすすめ人気ランキング、髭剃りを安く借りられる髭剃りレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる髭剃りが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での髭剃りの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 髭剃り 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 髭剃り 売れ筋ランキング

まとめ

髭剃りを購入する際には、自分の体毛の濃さにあったものを探しましょう。また髭剃りをする場合刃物を使いますから、肌に大きな負担がかかります。肌質があまり強くなければ、肌に優しい安全性の高い髭剃りを探すのもおすすめです。

そのほかにも持ちやすさを追求したものなど、比較すべきポイントはいくつもあります。上で紹介した通販サイトで人気となっている10個の髭剃りを中心として、自分にとって使い勝手のいい商品を探してみませんか?

コスメ・美容・ヘアのおすすめ記事