【計算の強い味方】関数電卓のおすすめ人気ランキング10選

関数電卓とは?一般的な電卓でできる四則計算だけではなく、三角関数・対数関数・指数関数の計算や、連立方程式などの複雑な計算もできる電卓です。機種によっては、グラフの表示や簡単なプログラミングが行えるものもあります。理系大学生や技術者など、複雑な計算を行う必要がある人たちにとっては、必携のアイテムです。関数電卓を利用することで、紙上ではできない複雑な計算を、手元で早く正確に行うことができるというメリットがあります。しかし、関数電卓は複数のメーカーから数多くの機種が発売されており、どのような基準で商品を選べばよいのか分からない方も多いと思います。

そこで、関数電卓の選び方に加えて関数電卓のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

関数電卓の選び方

関数電卓の購入を検討している方の中には、実際に関数電卓を購入しようと思っても何を基準にして関数電卓の商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、関数電卓の選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

繰り返し同じ計算をするなら自然表示の関数電卓を選ぶ

実験や技術計算、会計計算などを行うときに、式はそのままで数字だけを変えて何度も同じ計算をすることは良くあります。しかし、このような時に、毎回関数電卓に数字と式を打つのは大変です。
関数電卓には、入力・ディスプレイ表示の方式がいくつかあるのですが、自然表示方式あるいは数式通り方式の関数電卓を選ぶと、上記のような繰り返し計算を少しの修正で行うことができ便利です。

簡単な例になりますが、円の面積を求める(半径)2×πという計算で、半径の数字を1~10まで変える場合、自然表示方式(あるいは数式通り方式)では

1. [1]2×πと入力します。
2. 以降は[←]ボタンで入力位置を移動します。
3. [1]の数字を1~10に変えます。

となり、少しの修正で繰り返し計算ができます。

または、繰り返し計算はそれほど多くなく、計算にあたって打鍵回数がなるべく少ない方が良いという方は、標準入力方式の関数電卓がおすすめです。
ただ、こちらの方式は、少々慣れが必要な点と、一昔前の入力方式なので選べる機種が少ないという点に注意が必要です。
同じ計算をしても自然表示方式・数式通り入力よりも打鍵回数が少なくて済み、根強いファンのいる入力方式です。

例えば、cos45°の計算をする際、自然表示方式・数式通り方式では、[cos][4][5][=]と4回キーを打ちますが、標準入力方式では、[4][5][cos]とキーを3回打てば済みます。
なぜなら、標準入力方式では、常に打ち込んだ数字に対して関数計算をするというルールに基づいているためこのような打ち方となり、したがって、[=]キーがなく素早い計算が可能になります。

このように、繰り返し計算が多い方自然表示方式あるいは数式通り方式の関数電卓を、打鍵回数をなるべく少なくし素早く計算したい方は標準方式の関数電卓をおすすめします。

良く使う機能が決まっているなら使いやすいボタン配置になっている関数電卓を選ぶ

関数電卓は、通常の電卓では計算できない三角関数や対数関数など様々な関数の計算ができることがメリットです。
なかには500関数や700関数がプリセットされている関数電卓もあります。
そこで問題になるのが、計算したい関数のボタンはどこなのかを探すのにかかる時間です。
たとえ高性能な関数電卓を手に入れても、目的の機能を探すのに長い時間がかかっては、手元で素早く計算できるという関数電卓のメリットは半減します。

まず、分野に関わらず頻繁に使用する基本機能は、なるべく表のボタンに表示されている機種を選びます。
例えば、√、x^2、1/x、三角関数、対数関数、Ansキーは非常に良く使うので、テンキー同様に表のボタンに表示されていて、一回の打鍵で選択できる機種がおすすめです。
これらの機能が2nd functionキーとなっていると、どのボタンに機能が配置されているか探し、さらに2nd(またはFn)キーを押さなくてはならず、計算の際に非常に不便です。

また、有効数字や桁数が瞬時に分かる必要がある場合は、[F関数電卓が便利です。

例えば、Fモードでは計算結果は[12345678]と表示されますが、これが何桁かすぐに分かるのには慣れが必要です。
その際に[Fつまり、Eモード表示を見れば、計算結果が8桁の数字で、有効数字3桁にするならば[1.235×10^7]だとすぐに分かるのです。

他にも、自分が必要とする機能が表キー表示されているかなどを確認し、使いやすいボタン配置になっている関数電卓を選ぶことが重要です。

結果をビジュアル的に確認したいならグラフ表示機能付きの関数電卓を選ぶ

売上高や計測値など、計算結果の時間的な変化を見たいデータは、グラフで確かめると分かりやすいです。
そこで、そのような場面で使うことが多い方には、グラフ表示機能が付いた関数電卓がおすすめです。

例えば、クライアントとの打ち合わせで前回と今回の数値の差を示したり、結果の変化を示すのに、計算後すぐにグラフが表示されれば、非常に分かりやすく説得力のあるデータを示すことができます。

また、グラフ表示だけでなく、表を表示したり、Excel並みの表計算ができる統計モードを搭載している関数電卓もあります。
これらの機種は、液晶画面も大きく設計されていたり、カラー表示が可能だったりと計算結果を見やすく表示することに注力した設計となっていますので、結果をビジュアル的に確かめたい場面でとても便利です。

他にも、関数電卓の中には、プリンターに繋げたり、通信でデータを共有できるものもあるため、計算をした後のデータの活かし方はユーザーによって色々と広げることができます。

そこで、計算結果を他のデータとその場で比較し、視覚的に確認したい場面の多い方などは、グラフ表示機能、表表示機能、統計モードを搭載している関数電卓がおすすめです。

屋外で良く使うならソーラー電源付きの関数電卓を選ぶ

関数電卓は、いつでもどこでも複雑な計算を手元で行えるメリットがあります。このため、建築現場やフィールドワークなど屋外で作業する時に使用する方も多いと思います。
そのような方々にとって、屋外で関数電卓を使用するとき、最も困るのが電池切れです。

ほとんどの関数電卓は、軽量性や薄さからボタン電池を電源としており、中には充電式の機種もありますが、どちらも屋外で電池切れを防ぐには予備の電池やバッテリーを持ち歩くしかありません。
しかし、それでは荷物も増えてしまいますし、タイミングよく電池を交換できるとも限りません。

そこで、関数電卓を屋外で良く使う方は、ソーラー電源の関数電卓や、ソーラー電源と電池併用の関数電卓を選びましょう。
これらの関数電卓は、電池切れの心配なく使うことができるので、屋外だけでなく資格試験など途中で電池交換が難しい場面で使いたい方にもおすすめです。

関数電卓のおすすめ人気ランキング10選

それでは、関数電卓のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた関数電卓の選び方などをご参考にしながら気になる関数電卓があるかご覧いただければと思います。

また、関数電卓のおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での関数電卓の売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

8位

シャープ
8位 ピタゴラス EL-501J-X

671円
シャープの「ピタゴラス EL-501J-X」
シャープ

ピタゴラス EL-501J-X

最安値 671円
6位

カシオ
6位 CLASSWIZ fx-JP900

4,800円
カシオの「CLASSWIZ fx-JP900」
カシオ

CLASSWIZ fx-JP900

最安値 4,800円
4位

シャープ
4位 EL-509T-WX [ホワイト]

1,845円
シャープの「EL-509T-WX [ホワイト]」
シャープ

EL-509T-WX [ホワイト]

最安値 1,845円
2位

カシオ
2位 CLASSWIZ fx-JP500

2,183円
カシオの「CLASSWIZ fx-JP500」
カシオ

CLASSWIZ fx-JP500

最安値 2,183円

関数電卓の商品比較一覧表

関数電卓のおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

関数電卓の特徴を比較しながら気になる関数電卓があるかご覧いただければと思います。

関数電卓の売れ筋ランキング

関数電卓の選び方や関数電卓のおすすめ人気ランキング、関数電卓を安く借りられる関数電卓レンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる関数電卓が見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での関数電卓の売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 関数電卓 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 関数電卓 売れ筋ランキング

まとめ

関数電卓の選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいた関数電卓以外にも多くの商品があるのでお気に入りの関数電卓があるのか探してみるようにしましょう。

ビジネスのおすすめ記事