【硬い素材に】振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選

振動ドリルは、さまざまな種類がありますが、その中で振動ドリルは硬い材料への穴開けに適した道具となります。振動ドリルを使えば、ブロック塀やコンクリートの壁や床に穴をあけて工夫を凝らすことができます。そこで、振動ドリルの種類と特徴の他、使い方に加えて振動ドリルのおすすめランキングをご紹介していきたいと思います。

そこで、振動ドリルの選び方に加えて振動ドリルのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

振動ドリルの選び方

振動ドリルの購入を検討している方の中には、実際に振動ドリルを購入しようと思っても何を基準にして振動ドリルの商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、振動ドリルの選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

振動ドリルと電気ドリルの違い

穴をあける道具といえば、ドリルを思い浮かべる方が大半を占めますが、穴をあける素材によって選ぶドリルも変わってきます。

例えば、メジャーなドリルとして電気ドリルがありますが、回転のみの電気ドリルで開けられる素材は、木材やスチール、そしてプラスチックとなります。しかし、電気ドリルではコンクリートやモルタル、石材に穴を開けることはドリルの刃に目詰まりを起こし困難となります。

そこで、登場するのが振動ドリルになります。特徴は、 通常の回転に垂直方向への振動をプラスしたもので、コンクリートなどの目詰まりしやすい素材を砕きながら穴開けができます。振動ドリルは、回転+振動と回転のみの切り替えが付いているので、振動が必要ない素材には、通常の電気ドリルとして使えるのが魅力です。

振動ドリルとハンマードリルの違い

コンクリートなどの硬い素材への穴開けには、振動ドリルやハンマードリルを使用しますが、この2つの大きな違いは打撃力にあります。

ハンマードリルは垂直方向に大きな打撃を与えながら回転するのに対し、 振動ドリルは垂直方向への振動と回転となります。そこで、この2機種は打撃パワーに大きな差がでてきます。

このように、ハンマードリルは打撃力が大きくなるので、コンクリートに大きな穴をあける作業のほか、ハツリ作業に向いた工具となります。なので、ハンマードリルでは材料を破壊する恐れがあることから、仕上がりを気にする繊細な作業が必要なレンガやタイルなどの穴開けには、振動ドリルが作業に適しています。

しかし、振動ドリルでは、コンクリートに大きな穴をあけるにはパワー不足となります。振動ドリルを選ぶ時には、どのような場面で使用するのか考えてから購入することを勧めます。

振動ドリルの種類と特徴

振動ドリルの種類には、大きく分けるとAC電源タイプと充電タイプに分けられます。AC電源タイプは、100Vもしくは200Vのコンセントに差し込みながら使用するタイプなので、バッテリー切れの心配もなくそしてハイパワーなのが特徴です。

AC電源タイプは、バッテリーを装着する必要が無いことから本体が軽くできているのが特徴で、 コードを気にしなければ取り回しが簡単です。ただし、電源を確保できない場所では使用できないデメリットもあります。

変わって、充電タイプの振動ドリルは、電源が確保できない場所でも本体一つあれば使用できるメリットがあります。バッテリーには10.8Vから36V まで出力に違いがあり、パワーの差はもちろんハイパワーになればそれだけバッテリーも重くなることに注意が必要となります。また、稼働時間も制限が出てくるので、現場での使用時間を考えて選ぶことが重要となるほか、パワーはACタイプに劣ることも考慮しなければなりません。

振動ドリルの使い方

穴をあける場所が、壁なのか、それとも地面なのかで作業方法が少し異なります。両方の穴あけに共通する使い方は、対象物にドリルの刃を垂直に当てることと、最初は回転をゆっくり行い、へこんできたら回転を徐々に上げていく使い方です。

壁に穴をあける場合は、ドリルの刃を垂直に充てる時に体全体を使い押し当てるのがコツとなります。しかし、体重をかける時に壁に対して垂直に当てなければドリルの刃が折れてしまいます。

地面の場合は体重を乗せる必要はなく、ドリル本体の重みで穴をあけるようにします。地球の重力に逆らうことなくドリルを地面に対して垂直に当てていれば、自重でドリルは掘り進んでくれます。地面に穴を開ける場合は、ドリルを垂直に当てることだけに集中すれば、綺麗に穴が開きます。 しかし、無理に体重を乗せてしまうとドリルの刃を折ってしまう原因につながり、穴を開けることができません。

振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選

それでは、振動ドリルのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた振動ドリルの選び方などをご参考にしながら気になる振動ドリルがあるかご覧いただければと思います。

また、振動ドリルのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での振動ドリルの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

HiKOKI (ハイコーキ)
10位 HiKOKI(旧日立工機) コードレス振動ドライバドリル 36V マルチボルト 充電式 ※純正梱包箱付 蓄電池、充電器、ケース別売り DV36DA(NN) 本体のみ

21,596円
HiKOKI (ハイコーキ)の「HiKOKI(旧日立工機) コードレス振動ドライバドリル 36V マルチボルト 充電式 ※純正梱包箱付 蓄電池、充電器、ケース別売り DV36DA(NN) 本体のみ」
HiKOKI (ハイコーキ)

HiKOKI(旧日立工機) コードレス振動ドライバドリル 36V マルチボルト 充電式 ※純正梱包箱付 蓄電池、充電器、ケース別売り DV36DA(NN) 本体のみ

最安値 21,596円
9位

マキタ(Makita)
9位 マキタ(Makita) DIY用震動ドリル M818

8,724円
マキタ(Makita)の「マキタ(Makita)  DIY用震動ドリル M818」
マキタ(Makita)

マキタ(Makita) DIY用震動ドリル M818

最安値 8,724円
8位

ボッシュ(BOSCH)
8位 BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル PSB450RE

3,579円
ボッシュ(BOSCH)の「BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル  PSB450RE」
ボッシュ(BOSCH)

BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル PSB450RE

最安値 3,579円
7位

髙儀(Takagi)
7位 高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V

3,579円
髙儀(Takagi)の「高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V」
髙儀(Takagi)

高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V

最安値 3,579円
6位

タックライフ(Tacklife)
6位 タックライフ(Tacklife) 電動ドリル ドリルドライバー PCD05B 穴開け・ネジ締め 黒 奥行38×高さ31×幅13cm 47個入4個セット

6,060円
タックライフ(Tacklife)の「タックライフ(Tacklife) 電動ドリル ドリルドライバー PCD05B 穴開け・ネジ締め 黒 奥行38×高さ31×幅13cm 47個入4個セット」
タックライフ(Tacklife)

タックライフ(Tacklife) 電動ドリル ドリルドライバー PCD05B 穴開け・ネジ締め 黒 奥行38×高さ31×幅13cm 47個入4個セット

最安値 6,060円
5位

パナソニック(Panasonic)
5位 パナソニック(Panasonic) 充電振動ドリル&ドライバー 本体のみ EZ79A2X-B

24,300円
パナソニック(Panasonic)の「パナソニック(Panasonic) 充電振動ドリル&ドライバー 本体のみ EZ79A2X-B」
パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) 充電振動ドリル&ドライバー 本体のみ EZ79A2X-B

最安値 24,300円
4位

マキタ(Makita)
4位 マキタ(Makita) 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K

10,232円
マキタ(Makita)の「マキタ(Makita)  震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K」
マキタ(Makita)

マキタ(Makita) 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K

最安値 10,232円
3位

シンコー
3位 シンコー 新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル コード式 SVV-130A 奥行28×高さ7×幅20cm

3,884円
シンコーの「シンコー 新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル コード式 SVV-130A 奥行28×高さ7×幅20cm」
シンコー

シンコー 新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル コード式 SVV-130A 奥行28×高さ7×幅20cm

最安値 3,884円
2位

HiKOKI (ハイコーキ)
2位 HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V

3,579円
HiKOKI (ハイコーキ)の「HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V」
HiKOKI (ハイコーキ)

HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V

最安値 3,579円
1位

イチネンMTM ツール事業部
1位 リリーフ(RELIEF) 電気ドリル兼用型 振動ドリル ROD-510 82404

4,308円
イチネンMTM ツール事業部の「リリーフ(RELIEF) 電気ドリル兼用型 振動ドリル ROD-510 82404」
イチネンMTM ツール事業部

リリーフ(RELIEF) 電気ドリル兼用型 振動ドリル ROD-510 82404

最安値 4,308円

振動ドリルの商品比較一覧表

振動ドリルのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

振動ドリルの特徴を比較しながら気になる振動ドリルがあるかご覧いただければと思います。

画像 HiKOKI (ハイコーキ)の「HiKOKI(旧日立工機) コードレス振動ドライバドリル 36V マルチボルト 充電式 ※純正梱包箱付 蓄電池、充電器、ケース別売り DV36DA(NN) 本体のみ」 マキタ(Makita)の「マキタ(Makita)  DIY用震動ドリル M818」 ボッシュ(BOSCH)の「BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル  PSB450RE」 髙儀(Takagi)の「高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V」 タックライフ(Tacklife)の「タックライフ(Tacklife) 電動ドリル ドリルドライバー PCD05B 穴開け・ネジ締め 黒 奥行38×高さ31×幅13cm 47個入4個セット」 パナソニック(Panasonic)の「パナソニック(Panasonic) 充電振動ドリル&ドライバー 本体のみ EZ79A2X-B」 マキタ(Makita)の「マキタ(Makita)  震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K」 シンコーの「シンコー 新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル コード式 SVV-130A 奥行28×高さ7×幅20cm」 HiKOKI (ハイコーキ)の「HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V」 イチネンMTM ツール事業部の「リリーフ(RELIEF) 電気ドリル兼用型 振動ドリル ROD-510 82404」
商品名 HiKOKI(旧日立工機) コードレス振動ドライバドリル 36V マルチボルト 充電式 ※純正梱包箱付 蓄電池、充電器、ケース別売り DV36DA(NN) 本体のみ マキタ(Makita) DIY用震動ドリル M818 BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル PSB450RE 高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V タックライフ(Tacklife) 電動ドリル ドリルドライバー PCD05B 穴開け・ネジ締め 黒 奥行38×高さ31×幅13cm 47個入4個セット パナソニック(Panasonic) 充電振動ドリル&ドライバー 本体のみ EZ79A2X-B マキタ(Makita) 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K シンコー 新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル コード式 SVV-130A 奥行28×高さ7×幅20cm HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V リリーフ(RELIEF) 電気ドリル兼用型 振動ドリル ROD-510 82404
価格 21,596円 8,724円 3,579円 3,579円 6,060円 24,300円 10,232円 3,884円 3,579円 4,308円
商品ページ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

振動ドリルの売れ筋ランキング

振動ドリルの選び方や振動ドリルのおすすめ人気ランキング、振動ドリルを安く借りられる振動ドリルレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる振動ドリルが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での振動ドリルの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 振動ドリル 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 振動ドリル 売れ筋ランキング

まとめ

振動ドリルの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいた振動ドリル以外にも多くの商品があるのでお気に入りの振動ドリルがあるのか探してみるようにしましょう。

インテリア・雑貨のおすすめ記事