【研磨・切断に】ディスクグラインダーのおすすめ人気ランキング10選

ディスクグラインダーは、先端に円盤状の砥石を装着して回転させることで材料を研削する電動工具です。なので、1台所有していれば、金属の切断やコンクリートの研磨作業などに使えてDIYに非常に便利です。しかし、各メーカーからさまざまな種類のディスクグラインダーが発売されているので、どの製品を購入したらよいか迷う方もたくさんおられることでしょう。

そこで、ディスクグラインダーの選び方に加えてディスクグラインダーのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

ディスクグラインダーの選び方

ディスクグラインダーの購入を検討している方の中には、実際にディスクグラインダーを購入しようと思っても何を基準にしてディスクグラインダーの商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、ディスクグラインダーの選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

使用用途が決まっているなら高速・トルク・無段変速型の3種類からディスクグラインダーを選ぶ

外見は同じように見えるディスクグラインダーですが、高速型・トルク型・無段変速型の3つの種類が存在します。例えば金属の切断・研磨がメインであれば、高速型のディスクグラインダーが最適です。先端のディスクが高速回転するタイプで、切断や研磨をサクサクと行えます。目安となる回転数は「11000min-1(1分間に11000回転)」ほどのモデルが多いので、表記をチェックすれば判断可能です。

また、コンクリートやレンガを切断する場合はスピードよりもパワーが重要です。最大出力数「W(ワット)」の大きいトルク型ディスクグラインダーであれば、硬いコンクリートも簡単に切断できます。

最後に、使用目的が多岐にわたる方やはっきりと決まっていない方は無段変速型ディスクグラインダーがおすすめです。販売価格は高めですが、使用用途にあわせて回転速度を変更できる点がメリットです。

DIYでの使用がメインなら砥石サイズ100mmのディスクグラインダーを選ぶ

ディスクグラインダーの先端に装着する砥石サイズには、100~200mmほどの種類があります。また、ディスクグラインダーの種類によって取付け可能な砥石サイズが決まっているので、購入前のチェックが必須の項目です。

よく見かける砥石サイズには100・125・150・180mmなどがありますが、最も使われることが多いのは100mmです。125mmや180mmであればより広い範囲の研磨を1度にこなせますが、DIYでの使用がメインなら100mmサイズでも充分です。100mmの砥石サイズは一般的に使われることが多いので、種類が豊富な点もメリットです。また、砥石の種類は、研磨用と切断用途で異なるので購入の際は注意しましょう。

屋外でも使いたいなら充電式のディスクグラインダーを選ぶ

ディスクグラインダーには充電式AC電源式の2種類が存在します。屋外で使用する場合や頻繁に持ち歩く場合には、コンセントに電源ケーブルを挿す必要のない充電式ディスクグラインダーが便利です。また、本体からケーブルが伸びていない分、取り回しやすくスピーディに研削作業を行えます。

コンセントから電源を得るディスクグラインダーは、決まった場所での作業時におすすめです。安定した電源供給が得られるので、パワーの必要な硬い素材の研削作業に最適です。ディスクグラインダーの主流はAC電源式ですが、充電式タイプの性能も年々高まっています。屋外でも使いたい場合には充電式を選択し、硬い材料の研削をメインにするならAC電源式を選ぶなど、使用環境や用途にあわせて購入するのがおすすめです。

初めて購入するなら1万円以下のディスクグラインダーを選ぶ

ディスクグラインダーの価格は、1万円を切るリーズナブルなものからプロが使用するような高価なものまでさまざまです。そして、価格が上がれば性能も高くなるので、余裕がある場合はハイクオリティーなモデルがおすすめです。

しかし、最近では マキタ(MAKITA)ボッシュ(BOSCH)といった大手の電動工具メーカーからも低価格で購入できるディスクグラインダーが発売されています。リーズナブルな価格で手に入りますが、初めてディスクグラインダーを扱う方やDIYに使用される方であれば、1万円以下のエントリーモデルでも性能は充分です。

有名メーカー製のエントリーモデルにあたるディスクグラインダーは、リーズナブルな価格の割に備えている性能が高く、コストパフォーマンスに優れています。購入価格を抑えることで、インパクトドライバー・丸ノコなどを買う余裕ができる点もメリットです。

ディスクグラインダーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ディスクグラインダーのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいたディスクグラインダーの選び方などをご参考にしながら気になるディスクグラインダーがあるかご覧いただければと思います。

また、ディスクグラインダーのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由でのディスクグラインダーの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

7位

新潟精機
7位 パオック DGSA-100

9,331円
新潟精機の「パオック DGSA-100」
新潟精機

パオック DGSA-100

最安値 9,331円
6位

ブラック&デッカー
6位 G650

3,980円
ブラック&デッカーの「G650」
ブラック&デッカー

G650

最安値 3,980円

ディスクグラインダーの商品比較一覧表

ディスクグラインダーのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

ディスクグラインダーの特徴を比較しながら気になるディスクグラインダーがあるかご覧いただければと思います。

ディスクグラインダーの売れ筋ランキング

ディスクグラインダーの選び方やディスクグラインダーのおすすめ人気ランキング、ディスクグラインダーを安く借りられるディスクグラインダーレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるディスクグラインダーが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのディスクグラインダーの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon ディスクグラインダー 売れ筋ランキング

Yahooショッピング ディスクグラインダー 売れ筋ランキング

まとめ

ディスクグラインダーの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいたディスクグラインダー以外にも多くの商品があるのでお気に入りのディスクグラインダーがあるのか探してみるようにしましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事