【プロ並み写真も】ストロボのおすすめ人気ランキング10選

ストロボとは、カメラに付いている発光機器で、フラッシュとも呼ばれています。暗い場所で明るく撮るためには欠かせません。カメラに付属しているものが一般的ですが、外付けのものもあります。しかし外付けストロボは種類も豊富で、どれを選べばいのか迷う人もいるのでは?

そこで、ストロボの選び方に加えてストロボのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

ストロボの選び方

ストロボの購入を検討している方の中には、実際にストロボを購入しようと思っても何を基準にしてストロボの商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、ストロボの選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

明るく撮りたいなら外付けストロボを選ぶ

ストロボで重要なポイントは、なんと言ってもどれだけの光量があるかです。暗い場所ではシャッタースピードが遅くなり、ブレを発生させる恐れがあります。またISO感度を上げて撮れば、シャッタースピードを上げることはできますが、電気的に明るさを増幅するために、今度は出来上がった写真にノイズが増えることになります。

しかしストロボを使用すればそういった問題も解消します。そして光量が大きければ大きいほど、遠いところにある被写体も明るく撮ることができます。

ただしカメラに付属しているストロボは最低限の光量しかないので、実用性に乏しいのが欠点です。その点、外付けストロボなら、光量の大きなタイプも選ぶことができます。また必要のない時は取り外せるので、持ち運びも便利です。

撮影の幅を広げたいなら首振りできるストロボを選ぶ

通常ストロボは、正面の被写体に向けて発光させます。それだけで事が足りることもありますが、しかしそれだけでは通常ストロボは、正面の被写体に向けて発光させます。それだけで事が足りることもありますが、しかしそれだけではストロボを使うメリットは半減してしまいます。

発光部分が左右上下に首振りできるタイプなら、撮影の幅はもっと広がります。例えば室内で撮影する時にバウンス撮影が可能になります。白い天井や壁があれば、発光部の向きを変えそこにストロボを発光させ、光を反射させることによって、間接光で被写体を明るくすることができます。そうすることによって、直接被写体に光を当てるよりも柔らかい光となり、より自然な感じに写すことができます。

またワイヤレス機能のあるストロボなら、カメラから離れた場所にストロボをセットして、自由な角度で発光させることもできるのです。

連写するならチャージ時間の短いストロボを選ぶ

最近のカメラは連写機能が向上しています。1秒間に5~6枚撮れるのは当たり前で、ハイスペックモデルの場合は、1秒間に20枚もの写真を連続して撮ることも可能です。特にスポーツ写真や動物写真など、動きが激しい被写体の場合は、連写機能が重要になってきます。

同時にストロボでも、連写機能に合わせたスペックが必要になってきます。ストロボは1回発光するたびに、バッテリーからチャージする必要があります。その時間が短ければ短いほど、カメラの連写に追随して連続で発光することができるのです。

自分の撮りたい被写体によって、チャージ時間の長短もストロボを選ぶポイントになります。また発光量が大きいまま連写すると、チャージ時間も長くなるので注意しましょう。

初心者なら自動調光機能のあるストロボを選ぶ

アマチュアカメラマンでも、マニュアル撮影にこだわるベテランカメラマンがいる一方、カメラは持っているけど、それほど頻繁に撮影はしない初心者も多くいます。

そんなビギナーの強い味方になってくれるのが各種のオート機能です。オートフォーカスはもろん、露出やシャッタースピードもカメラ任せで、見栄えのいい写真が撮れます。しかしストロボになると、格段に難易度が上がります。カメラ本体はもちろん、その上にストロボの調整もしなければならず、さらにそれが同調している必要があるのです。

そんな時には自動調光機能のついたストロボを選びましょう。TTLと呼ばれる機能で、カメラのレンズから入った光を認識し、それに合わせた発光量にしてくれます。これなら初心者でも安心してストロボ撮影を楽しめます。

ストロボのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ストロボのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいたストロボの選び方などをご参考にしながら気になるストロボがあるかご覧いただければと思います。

また、ストロボのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由でのストロボの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

7位

CANON
7位 スピードライト EL-100

19,160円
CANONの「スピードライト EL-100」
CANON

スピードライト EL-100

最安値 19,160円
6位

オリンパス
6位 エレクトロニックフラッシュ FL-700WR

25,422円
オリンパスの「エレクトロニックフラッシュ FL-700WR」
オリンパス

エレクトロニックフラッシュ FL-700WR

最安値 25,422円
5位

CANON
5位 スピードライト 430EX III-RT

27,570円
CANONの「スピードライト 430EX III-RT」
CANON

スピードライト 430EX III-RT

最安値 27,570円
4位

CANON
4位 スピードライト 470EX-AI

35,980円
CANONの「スピードライト 470EX-AI」
CANON

スピードライト 470EX-AI

最安値 35,980円
3位

ニコン
3位 スピードライト SB-700

24,480円
ニコンの「スピードライト SB-700」
ニコン

スピードライト SB-700

最安値 24,480円
2位

CANON
2位 スピードライト 600EX II-RT

41,800円
CANONの「スピードライト 600EX II-RT」
CANON

スピードライト 600EX II-RT

最安値 41,800円
1位

ニコン
1位 スピードライト SB-5000

57,761円
ニコンの「スピードライト SB-5000」
ニコン

スピードライト SB-5000

最安値 57,761円

ストロボの商品比較一覧表

ストロボのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

ストロボの特徴を比較しながら気になるストロボがあるかご覧いただければと思います。

画像 GODOXの「TT350S ソニー用」 SONYの「HVL-F60RM」 SONYの「HVL-F45RM」 CANONの「スピードライト EL-100」 オリンパスの「エレクトロニックフラッシュ FL-700WR」 CANONの「スピードライト 430EX III-RT」 CANONの「スピードライト 470EX-AI」 ニコンの「スピードライト SB-700」 CANONの「スピードライト 600EX II-RT」 ニコンの「スピードライト SB-5000」
商品名 TT350S ソニー用 HVL-F60RM HVL-F45RM スピードライト EL-100 エレクトロニックフラッシュ FL-700WR スピードライト 430EX III-RT スピードライト 470EX-AI スピードライト SB-700 スピードライト 600EX II-RT スピードライト SB-5000
価格 9,700円 57,390円 35,618円 19,160円 25,422円 27,570円 35,980円 24,480円 41,800円 57,761円
商品ページ
amazonへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
amazonへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
amazonへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

ストロボの売れ筋ランキング

ストロボの選び方やストロボのおすすめ人気ランキング、ストロボを安く借りられるストロボレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるストロボが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのストロボの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon ストロボ 売れ筋ランキング

Yahooショッピング ストロボ 売れ筋ランキング

まとめ

ストロボの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいたストロボ以外にも多くの商品があるのでお気に入りのストロボがあるのか探してみるようにしましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事