【臨場感がすごい】ホームシアターのおすすめ人気ランキング10選

ホームシアターとは、家庭で映画館のような迫力ある映像と臨場感のあるサウンドを楽しむことです。友人や家族と大画面を独占でき、映画以外にスポーツ観戦、音楽、ゲームも楽しめます。しかし様々な商品があるのでどれを選べばいいかわからない人も多いと思います。

そこで、ホームシアターの選び方に加えてホームシアターのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

ホームシアターの選び方

ホームシアターの購入を検討している方の中には、実際にホームシアターを購入しようと思っても何を基準にしてホームシアターの商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、ホームシアターの選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

部屋の大きさに合わせてスピーカーの数でホームシアターを選ぶ

ホームシアターのスピーカー構成には主に2.1ch,3.1ch,5.1ch,7.1chがあります。
chはチャンネルと読み、スピーカーの数を表しています。
そして整数が全音域再生のスピーカーの数、小数は重低音再生専用のサブウーファーと呼ばれるスピーカーの数です。

2.1ch
前方左右2本とサブウーファー1本
コンパクトで設置しやすい
ワンルームや6畳向け

3.1ch
前方左右2本とサブウーファー1本とフロントセンター
フロントセンターは人の声をよく通すため、セリフが聴きやすい

5.1ch
3.1chと中後方左右にリアスピーカー2本
リアスピーカーとは後ろに置くスピーカーのこと
サラウンド感と迫力が強くなる
8畳向け

7.1ch
5.1chと真後ろ2本
スピーカーの数が多いため、満足のいく臨場感が味わえる
12畳以上向け

9.1ch,11.1chもありますが一般ユーザーは7.1chまでで大丈夫です。
部屋の大きさや自分の楽しみたいサウンド感に合わせて選ぶのがおすすめです。

配線をスッキリしたいならワイヤレススピーカーのホームシアターを選ぶ

ホームシアターは映画館さながらの映像と音響を楽しめるのが良いところですが、TVやBlu-rayレコーダー、スピーカーなどのAV機器の接続が少々面倒です。
ケーブルが露出していると見苦しいですし、埃などの汚れが溜まりやすくなります。
また、足を引っ掛けてスピーカーを倒してしまう危険性があります。
壁の裏や天井裏に配線を隠す「隠蔽配線」という方法もありますが費用がかかってしまいます。

そこで選ぶのがワイヤレススピーカーです。
音声信号を無線で伝送する仕組みになっているのでケーブル不要ですし、壁掛けもできるスピーカーもあるので倒す心配もありません。
サウンドバータイプを選べば、前方スピーカーの音が壁に反射するして左右後方から聞こえる仕組みなので一台で映画館のような音響を楽しめます。

部屋をスッキリ見せたい方にはワイヤレススピーカーをおすすめします。

周囲を気にせず臨場感を楽しむならサラウンドヘッドホンでホームシアターを選ぶ

映画館さながらの音響を楽しみたいと思っていても周囲への音漏れが気になりませんか?
部屋を暗くして夜に鑑賞することも多いと思いますが、スピーカーからの振動もあります。
そんな時におすすめなのがサラウンドヘッドホンです。
音の臨場感や立体感をより感じることができるヘッドホンで、5.1chや7.1chなどのチャンネルがあります。
選ぶならまず、有線タイプか無線タイプかのどちらかで選んでみましょう。

有線タイプは音が途切れたり遅延したりすることが少ないです。
しかし、ケーブル接続のため視聴範囲が限られるので映画鑑賞には2m以上のものがおすすめです。

無線タイプはケーブル不要なのでストレスなく、モニターから離れたところでも視聴できます。
しかし、遅延や音の劣化が生じることがあるので注意が必要です。

大画面で楽しみたいならプロジェクターのホームシアターを選ぶ

ホームシアターはテレビ画面以外にもスクリーンにプロジェクターで映像を写す方法があります。
投影距離を調整できるのでテレビ画面よりも画面が大きくできるにもかかわらず安く済むのでコスパもいいです。
また、壁が白ければスクリーンを買う必要がなく、プロジェクター1台で簡単にホームシアターが作れます。

ではプロジェクターを選ぶ際のポイントを紹介します。
設置場所:プロジェクターとスクリーンの距離が短くても大丈夫なものを選ぶ(部屋のスペースによっては距離をとらなければいけないため)

明るさ:日中の明るい場所でも観れるものが良い(3000ルーメン以上がおすすめ)

解像度:映画鑑賞メインの場合は4K対応モデルが良い

冷却機能:本体が熱くなるため、冷却システム必須

迷ったら、フルHD対応でwスピーカー搭載のものがいいと思います。
レンタルサービスもあるので一度使ってみて比較して購入するのもおすすめです。

ホームシアターのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ホームシアターのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいたホームシアターの選び方などをご参考にしながら気になるホームシアターがあるかご覧いただければと思います。

また、ホームシアターのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由でのホームシアターの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

BenQ
10位 CinePrime HT3550

218,200円
BenQの「CinePrime HT3550」
BenQ

CinePrime HT3550

最安値 218,200円
9位

ANKER
9位 Nebula Capsule Pro [ブラック]

57,888円
ANKERの「Nebula Capsule Pro  [ブラック]」
ANKER

Nebula Capsule Pro [ブラック]

最安値 57,888円
7位

ヤマハ
7位 デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

73,677円
ヤマハの「デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700」
ヤマハ

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

最安値 73,677円
5位

Bose
5位 Bose Soundbar 700 [ボーズブラック]

81,000円
Boseの「Bose Soundbar 700 [ボーズブラック]」
Bose

Bose Soundbar 700 [ボーズブラック]

最安値 81,000円

ホームシアターの商品比較一覧表

ホームシアターのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

ホームシアターの特徴を比較しながら気になるホームシアターがあるかご覧いただければと思います。

画像 #<Brand:0x0000559504d878d8>の「Nebula Capsule Pro  [ブラック]」 BenQの「CinePrime HT3550」 SONYの「MDR-HW700DS」 ヤマハの「デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700」 ONKYOの「BASE-V60」 Boseの「Bose Soundbar 700 [ボーズブラック]」 popInの「popIn Aladdin PA18U02VN」 EPSONの「EB-W05」 SONYの「HT-X8500」 ヤマハの「YAS-109」
商品名 Nebula Capsule Pro [ブラック] CinePrime HT3550 MDR-HW700DS デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700 BASE-V60 Bose Soundbar 700 [ボーズブラック] popIn Aladdin PA18U02VN EB-W05 HT-X8500 YAS-109
価格 57,888円 218,200円 25,618円 73,677円 39,800円 81,000円 79,800円 49,880円 24,622円 23,152円
商品ページ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
amazonへ
amazonへ
amazonへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

ホームシアターの売れ筋ランキング

ホームシアターの選び方やホームシアターのおすすめ人気ランキング、ホームシアターを安く借りられるホームシアターレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるホームシアターが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのホームシアターの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon ホームシアター 売れ筋ランキング

Yahooショッピング ホームシアター 売れ筋ランキング

まとめ

ホームシアターの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいたホームシアター以外にも多くの商品があるのでお気に入りのホームシアターがあるのか探してみるようにしましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事