【美味しく炊く】釜のおすすめ人気ランキング10選

釜は炊飯器の内側にあり、お米の炊き上がりの完成度を左右する重要なパーツです。内釜の素材や構造によって熱の伝わり方(熱伝導効率)は異なり、その熱の伝わり方がお米の炊き上がりに強く影響します。つまり、炊飯器を選ぶ際は内釜の素材をチェックすることが重要なのです。しかし、いきなり内釜の素材をチェックしてから選べと言われても、何を基準にしてどのように選べばよいのか分からない方も多いと思います。

そこで、釜の選び方に加えて釜のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

釜の選び方

釜の購入を検討している方の中には、実際に釜を購入しようと思っても何を基準にして釜の商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、釜の選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

ふっくらとしたご飯を炊きたいなら土鍋釜を選ぶ

ふっくらとしたみずみずしい炊き上がりのお米を食べたい人には、土鍋釜の内釜をおすすめします。土鍋を構成する土素材は一気に加熱するのではなく、徐々に熱が浸透していく性質を持っています。この性質がお米を炊く際に効果的に発揮し、 お米が水分を吸収していくスピードに合わせてゆっくりと熱がお米の内部に浸透し、炊き上がりをふっくらとした状態にしてくれます。

さらに、土素材には熱をよく伝える遠赤効果があるため、炊き上がりの状態にムラもなく、 内釜にあるすべてのお米の一粒一粒がふっくらと立ち上がります。

また、土鍋釜には熱を逃がさない効果もあるため、炊き上がり後のお米が冷めにくいというメリットもあります。ただし、土鍋釜はお米がふっくらと美味しく炊ける分、お値段が多少高額になってしまいます。しかも 土素材なため割れやすく、扱いが非常にデリケートです。そういった注意点よりも、ふっくらとしたお米の炊き上がりの方に魅力を感じる方は土鍋釜を選ぶとよいです。

早く炊き上げたいなら炭素釜を選ぶ

短い時間でお米を早く炊き上げたいのなら、炭素釜の内釜がおすすめです。炭素釜とは炭を素材とした内釜のことです。例えば、炭はバーベキューなどで火種として使用されていることからも分かるように、発熱効率と熱伝導率が高く、 スピーディーに加熱して素早く全体に熱を伝える性質を持った素材です。

さらに、炭は1度加熱したらなかなか冷めないという性質も持っています。これらの性質を活かして作られた炭素釜でお米を炊くと、 短い時間でムラなくお米を炊き上げ、しかも炊き上がりの状態を長時間維持し続けます。

また、炭素釜を使用する際の注意点としては、土鍋釜と同様に衝撃に弱いという点が挙げられます。 炭素釜は軽く落としただけでも割れてしまうことがありますので、取り扱う際は慎重になる必要があります。その点にさえ気をつければ、炭素釜は、お米を早く炊き上げて美味しさを長持ちさせたい方におすすめの内釜だと言えます。

価格を気にせずとにかく美味しく炊きたいなら鉄釜を選ぶ

価格は気にせず、とにかく美味しくお米が炊ける内釜が欲しいという方には、鉄釜を使用した内釜をおすすめします。 鉄釜は高級炊飯器に使用されている素材で、発熱効率が非常に高く、高火力でお米を炊き上げるため、まるで 「かまどで炊いたお米」のように仕上がります。

さらに、鉄釜は熱を蓄える性質にも優れているため、 炊きあがったお米を美味しい状態のまま長時間保ってくれます。

そんな鉄釜の注意点ですが、素材が鉄なため重いという点と、高級なため価格がとても高額であるという点が挙げられます。鉄釜の最高級品は10万円を超えます。ただし、価格に関しては1万円程度の商品も探せばありますので、鉄釜に興味を持った方は、まずはそういった低価格な物から利用してみるとよいです。格別に美味しいお米を炊きたいなら、迷わず鉄釜です。

低価格で普通に美味しく炊きたいなら多層釜を選ぶ

リーズナブルな価格で普通に美味しく炊けるだけでよいのであれば、多層釜の内釜がおすすめです。多層釜とは、 IH炊飯器などに使用されている内釜のことです。使用されている素材や、内釜を構成している層の厚さなどはメーカーごとに異なり、機能もメーカーごとに違います。

多層釜は基本的にはIH炊飯器専用の内釜なので、IH炊飯器内で熱伝導率を高めるにはどういった素材を使用すればよいのか、といった面を各メーカーが工夫しながら研究・開発しています。また、多層釜は他の素材の内釜に比べて低コストで作ることができるため、 リーズナブルな価格のものが多いです。 お米の炊き上がりは普通に美味しく食べられるレベルなので、お米の炊き上がり方に特にこだわりのない方は、多層釜の炊飯器を選ぶとよいです。

釜のおすすめ人気ランキング10選

それでは、釜のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた釜の選び方などをご参考にしながら気になる釜があるかご覧いただければと思います。

また、釜のおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での釜の売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

日立
10位 RZ-H10BJ

15,620円
日立の「RZ-H10BJ」
日立

RZ-H10BJ

最安値 15,620円
9位

日立
9位 打込鉄・釜 ふっくら御膳 RZ-BV100M

23,068円
日立の「打込鉄・釜 ふっくら御膳 RZ-BV100M」
日立

打込鉄・釜 ふっくら御膳 RZ-BV100M

最安値 23,068円
8位

三菱電機
8位 備長炭 炭炊釜 NJ-VE109

15,400円
三菱電機の「備長炭 炭炊釜 NJ-VE109」
三菱電機

備長炭 炭炊釜 NJ-VE109

最安値 15,400円
7位

象印
7位 極め炊き NW-JB10

31,150円
象印の「極め炊き NW-JB10」
象印

極め炊き NW-JB10

最安値 31,150円
6位

三菱電機
6位 本炭釜 KAMADO NJ-AW109

50,570円
三菱電機の「本炭釜 KAMADO NJ-AW109」
三菱電機

本炭釜 KAMADO NJ-AW109

最安値 50,570円
5位

シャープ
5位 KS-S10J

6,457円
シャープの「KS-S10J」
シャープ

KS-S10J

最安値 6,457円
4位

タイガー魔法瓶
4位 炊きたて JPC-A102

26,170円
タイガー魔法瓶の「炊きたて JPC-A102」
タイガー魔法瓶

炊きたて JPC-A102

最安値 26,170円
2位

パナソニック
2位 SR-KT068

13,900円
パナソニックの「SR-KT068」
パナソニック

SR-KT068

最安値 13,900円
1位

パナソニック
1位 大火力おどり炊き SR-HX108

19,504円
パナソニックの「大火力おどり炊き SR-HX108」
パナソニック

大火力おどり炊き SR-HX108

最安値 19,504円

釜の商品比較一覧表

釜のおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

釜の特徴を比較しながら気になる釜があるかご覧いただければと思います。

画像 #<Brand:0x00007fbbde9ef1c8>の「RZ-H10BJ」 #<Brand:0x00007fbbde926f48>の「炊きたて JPC-A102」 日立の「打込鉄・釜 ふっくら御膳 RZ-BV100M」 三菱電機の「備長炭 炭炊釜 NJ-VE109」 象印の「極め炊き NW-JB10」 三菱電機の「本炭釜 KAMADO NJ-AW109」 シャープの「KS-S10J」 象印の「炎舞炊き NW-KA10」 パナソニックの「SR-KT068」 パナソニックの「大火力おどり炊き SR-HX108」
商品名 RZ-H10BJ 炊きたて JPC-A102 打込鉄・釜 ふっくら御膳 RZ-BV100M 備長炭 炭炊釜 NJ-VE109 極め炊き NW-JB10 本炭釜 KAMADO NJ-AW109 KS-S10J 炎舞炊き NW-KA10 SR-KT068 大火力おどり炊き SR-HX108
価格 15,620円 26,170円 23,068円 15,400円 31,150円 50,570円 6,457円 73,020円 13,900円 19,504円
商品ページ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

釜の売れ筋ランキング

釜の選び方や釜のおすすめ人気ランキング、釜を安く借りられる釜レンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる釜が見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での釜の売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 釜 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 釜 売れ筋ランキング

まとめ

釜の選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいた釜以外にも多くの商品があるのでお気に入りの釜があるのか探してみるようにしましょう。

キッチンのおすすめ記事