【登山以外でも】ウォータパックのおすすめ人気ランキング10選

ウォータパックは、水場が近くにないような状況でも、ウォータパックから水を取り出して、様々な用途に充てることができます。飲水としての利用を中心に、アウトドアなどの分野で多くの利用者から支持を受けています。一般的な登山用ウォータパックの相場は、1000円から2000千円程です。つまり、それより極端に安かったり高かったりすることに対応して、ウォータパックの役割も変わってくるはずです。なので、単に水を入れる袋と油断せず、自分の目的に沿ったウォータパックの使い方を、身につけられたら幸いです。

そこで、ウォータパックの選び方に加えてウォータパックのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

ウォータパックの選び方

ウォータパックの購入を検討している方の中には、実際にウォータパックを購入しようと思っても何を基準にしてウォータパックの商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、ウォータパックの選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

アウトドアの必需品として活用するなら、軽量タイプの衛生的なウォータパックを選ぶ

海に船で釣りに出かけたり、有名な観光地に登山に出掛けたりするアウトドア好きの若者も年々増えている傾向にあります。そんな中、きちんとした準備を怠って遭難してしまう事件も、何件か起きています。やはり、広大な大自然を相手にする以上、入念な準備をしなければ、自分の命を守ることができません。

他にいくつかのアウトドアグッズが存在する中で、ウォータパックは主に給水としての役割を担う形になります。喉が渇いたときに何も飲むものがなかった、というような危機的状況を回避するためにも、最低一つは携帯しておく必要があります。

容量が多ければ多いほど長期にわたって利用が可能になります。 すぐに使ってしまいなくなるような、容量制限のウォータパックについては、長期アウトドアに不向きです。この場合は、できるだけ多くの水を確保したい点を踏まえて、目安として3~5リットル程度の容量が望ましいです。

例として、航海や砂漠地帯の長期ドライブなどが挙げられます。

一方で、ウォータパックを直接持った状態で長時間活動を継続される場合は、あまり容量が多すぎると必要以上に、身体的負担を大きくしてしまいます。短期アウトドアまたは長期アウトドアであっても途中で給水可能となる場合には、1~2リットル程度の容量が望ましいです。

例として、ランニングや小規模登山が挙げられます。

口柱やキャップに抗菌加工がしてあることは、衛生的に捉えて重要なポイントです。水を給水してから飲み終わる過程で、有害な菌が入り込めば、飲水を通して重大な病気にかかる危険性があります。日本ではあまり知られていなくても、海外などで非常に毒性の強い菌が、飲水に入り込むケースがあり得ます。

抗菌加工によって重大な病気にかかるリスクを回避できます。

また、おいしい水をいつでも飲めるようにすることは、旅先での不安を解消し、アウトドアをより快適で楽しいものへと導いてくれます。

アウトドアの最中でウォーターバックが破損してしまうと、気づかないうちに水漏れが生じ、必要な時には水がなくなっていたということがあり得ます。また、携帯電話などの電気製品が近くにあった場合、故障して緊急時の連絡が取れなくなる危険性があります。そのため、 耐久性に優れ、水漏れの心配がないものに絞る 必要があります。

また、何年も使っている古いウォータパックの場合、水漏れしやすくなっている可能性があります。古いウォーターパックは数年ごとに買い替えることをお勧めします。

真夏の熱中症対策なら、ハイドレーション付きのウォータパックを選ぶ

汗を多くかいて、タオルでその汗を拭きとっても、体内から失われた水分が補給されるわけではありません。実際に、水分が多く失われたことに気づかずに、そのまま運動を続けてしまう人が多いです。しかし、ハイドレーションを利用すれば、運動中に水分補給を行うことができます。

使い方は簡単で、リュックの後ろにウォータパック本体を入れたら、専用の給水チューブを本体部分につなぎます。あとはつないだチューブを、必要な時に手前に引いて、吸水を行います。自由なタイミングで吸水できることから、ランニングやウォーキングなどの、長時間集中して行いたい運動でも、こまめな水分補給に加え、途中で運動を中断する必要がありません。

また、チューブで少しずつ吸水するので、無意識に水を飲みすぎてしまうことを防ぎ、一度に体にかかる負担を抑えます。運動のリズムに合わせた適切な量の水分補給で、疲れやすさを感じさせません。

このように、ハイドレーションがあるだけで、給水時の調整がしやすくなるので、水分補給のために運動を中断したくない方や、運動中の不規則な水分補給で調子を崩しやすい方にお勧めです。

しかし、ハイドレーションにもいくつかの使いづらい点があります。以下の点に注意して購入を検討しましょう。

 一般的にチューブ素材がゴム状のため、吸水の際、匂いに不快感を感じる場合です。
 チューブの中を直接手で洗うことができず、洗浄に手間がかかると感じる場合です。
 チューブをリュックから通して使うため、ハイドレーション対応のリュックを使う場合です。

日常生活のサポート程度に活用するなら、100均で販売されている適切な容量のウォータパックを選ぶ

日常生活に役立つ商品が揃う100均ですが、その品揃えにはウォータパックも含まれています。100円だからと言って、ウォータパックの耐久性が乏しいわけではなく、 キャンプなどのちょっとしたアウトドアでも、十分使用することができます。

容量は、最大で5リットルまで給水可能なモデルもあり、大容量かつ圧倒的低価格、という点で非常に購入がしやすいです。500円払って5個のウォータパックを手元に置いておくことで、簡単な災害対策もできてしまいます。

100均のウォータパックは日常のあらゆる場面で、便利に活用することができます。ここでは、いくつかの例を紹介します。

キャンプでバーベキューをやりたいが、料理の時に大量の水が必要、そんなとき、4リットル程度のウォータパックを持ち込んでおけばすぐに利用することができます。そして、水を使い終わったら小さく折りたたんで簡単に片付けられます。

植物の世話をしているが、水場が近くになく毎回の水やりが面倒、そんなとき、3~5リットル程度のウォータパックに水をためておくことで、その場で水やりができてしまいます。

子どもがたくさんいて、全員に水筒を買うだけのお金が足りない、そんなとき、450ミリリットル程度のウォータパックを水筒代わりにすれば、ほとんどお金をかけることなく済ますことができます。

どのウォータパックも100円で販売されており、容量によって価格は上下しません。
容量を決めるときは使用目的が大きく2分されます。飲水として常に携帯して利用するのか、貯水として特定の場面で生かすのかを決めた上で、適切な容量のウォータパックを選ぶ必要があります。

トレーニングのツールとして活用するなら、負荷がつけられるトレーニング用の高重量ウォータパックを選ぶ

従来ではダンベルを使ったトレーニングが主流でしたが、現在では時間をかけずに楽にトレーニングをしたいといった顧客の声、それらを参考にトレーニンググッズの多様化が進んでいます。そんな中で、水を重量に変えて行う という新発想の、ウォータパックトレーニングが台頭してきたのです。

それでは、ウォータパックをトレーニングに使うことで、どのようなメリットがあるのかを見ていきます。

普通のダンベルを使ってトレーニングを行った場合、扱うダンベルの重量が大きくなるにつれて、リスクが伴いやすくなります。ダンベルを誤って落としてしまうことがあると、足元を怪我したり、フォームのずれから背骨や腰を痛めてしまうことがあります。

一方ウォータパックでは、水が入った袋という構造上、器具としての柔軟性が高い状態にあります。そのため、高重量であってもケガをしにくく、低重量であれば小学生くらいの子供でも、安心して使うことができます。

また、下がフローリングなどであっても、床を傷つけることなく使用できます。これがダンベルであれば、床を傷つけてしまう可能性があり、少し置いただけでも不快な金属音が響くことがあります。これに対策して、トレーニングマットを用意したり、高価な機能性ダンベルを購入するつもりであれば、その分お金が余分にかかることになります。

その上、トレーニング用ウォータパック本体の価格は、50キロで1万円程度であり、お手頃な価格となっています。どこでも気軽に使用できることに加え、コストパフォーマンスに優れているというわけです。また、トレーニング用ウォータパックは水を抜くことで、折り畳みができます。長時間使用しない際の収納にも便利です。

このように、ウォータパックのメリットをトレーニングに生かせば、場所を問わず、誰でも安全にトレーニングすることができます。そして 経済的にも優しく、コンパクトに収納可能で邪魔になりません。

しかし、他のトレーニング器具を使用した方が適切である、とみなされるケースもあります。以下に記載する点の、いずれかに当てはまる場合は注意が必要です。

 自分が行おうと計画しているトレーニング項目の条件に、ウォータパックがそぐわない場合です。
 周りに針やクギなどの尖ったものが多くあるような環境下で、ウォータパックが破損しやすい場合です。
 一回のトレーニングで重量調整を複数行う際、水を入れ替えする手間が大変に感じる場合です。

トレーニング専用の高重量ウォータパックが販売されているので、それを購入するようにします。

ウォータパックのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ウォータパックのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいたウォータパックの選び方などをご参考にしながら気になるウォータパックがあるかご覧いただければと思います。

また、ウォータパックのおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由でのウォータパックの売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

CAMELBAK(キャメルバック)
10位 CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714

4,860円
CAMELBAK(キャメルバック)の「CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714」
CAMELBAK(キャメルバック)

CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714

最安値 4,860円
9位

サロモン(SALOMON)
9位 [サロモン] ハイドレーション SOFT FLASK 500ml/17oz Blue

2,430円
サロモン(SALOMON)の「[サロモン] ハイドレーション SOFT FLASK 500ml/17oz Blue」
サロモン(SALOMON)

[サロモン] ハイドレーション SOFT FLASK 500ml/17oz Blue

最安値 2,430円
8位

サロモン(SALOMON)
8位 [サロモン] ハイドレーションパック SOFT FLASK 500ml/16oz None

2,590円
サロモン(SALOMON)の「[サロモン] ハイドレーションパック SOFT FLASK 500ml/16oz None」
サロモン(SALOMON)

[サロモン] ハイドレーションパック SOFT FLASK 500ml/16oz None

最安値 2,590円
7位

global i mall
7位 GIMart ハイドレーション 給水袋 2L 水分補給 ハイドレーションパック アウトドア 給水用ボトル ウォーターキャリー 食品級TPU 無臭 折りたたみ水筒 防災 水袋 リザーバー スポーツ 登山 ハイキング サイクリング ランニング サイクリング (2L)

1,199円
global i mallの「GIMart ハイドレーション 給水袋 2L 水分補給 ハイドレーションパック アウトドア 給水用ボトル ウォーターキャリー 食品級TPU 無臭 折りたたみ水筒 防災 水袋 リザーバー スポーツ 登山 ハイキング サイクリング ランニング サイクリング (2L)」
global i mall

GIMart ハイドレーション 給水袋 2L 水分補給 ハイドレーションパック アウトドア 給水用ボトル ウォーターキャリー 食品級TPU 無臭 折りたたみ水筒 防災 水袋 リザーバー スポーツ 登山 ハイキング サイクリング ランニング サイクリング (2L)

最安値 1,199円
6位

プラティパス(Platypus)
6位 プラティパス(プラティパス) プラティ 2L ボトル PLATY 2L BOTTLE 25601 水筒 ソフトボトル

1,512円
プラティパス(Platypus)の「プラティパス(プラティパス) プラティ 2L ボトル PLATY 2L BOTTLE 25601 水筒 ソフトボトル」
プラティパス(Platypus)

プラティパス(プラティパス) プラティ 2L ボトル PLATY 2L BOTTLE 25601 水筒 ソフトボトル

最安値 1,512円
5位

APPLE
5位 (アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION ハイドレーション 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災 1L 1.5L (広口1.5L, サファイア)

1,299円
APPLEの「(アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION ハイドレーション 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災 1L 1.5L (広口1.5L, サファイア)」
APPLE

(アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION ハイドレーション 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災 1L 1.5L (広口1.5L, サファイア)

最安値 1,299円
4位

AONIJIE
4位 AONIJIE ハイドレーション 水分補給 ハイキング 防災 登山 サイクリング 1L 1.5L 2L 3L (清掃ブラシ)

889円
AONIJIEの「AONIJIE ハイドレーション 水分補給 ハイキング 防災 登山 サイクリング 1L 1.5L 2L 3L (清掃ブラシ)」
AONIJIE

AONIJIE ハイドレーション 水分補給 ハイキング 防災 登山 サイクリング 1L 1.5L 2L 3L (清掃ブラシ)

最安値 889円
3位

RADWIMPS
3位 GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413

5,795円
RADWIMPSの「GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413」
RADWIMPS

GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413

最安値 5,795円
2位

Santasan
2位 EASY CHANGE ウォーターバッグ water bag (最大重量20kg 30kg 40kg 3タイプ) (30kgタイプ)

4,580円
Santasanの「EASY CHANGE ウォーターバッグ water bag (最大重量20kg 30kg 40kg 3タイプ) (30kgタイプ)」
Santasan

EASY CHANGE ウォーターバッグ water bag (最大重量20kg 30kg 40kg 3タイプ) (30kgタイプ)

最安値 4,580円
1位

GIMart
1位 global I mall 水袋 ハイドレーション 2L 水分補給 ハイキング 登山 サイクリング 高品質 ハイドレーション水筒  2L給水袋

2,388円
GIMartの「global I mall 水袋 ハイドレーション 2L 水分補給 ハイキング 登山 サイクリング 高品質 ハイドレーション水筒  2L給水袋」
GIMart

global I mall 水袋 ハイドレーション 2L 水分補給 ハイキング 登山 サイクリング 高品質 ハイドレーション水筒  2L給水袋

最安値 2,388円

ウォータパックの商品比較一覧表

ウォータパックのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

ウォータパックの特徴を比較しながら気になるウォータパックがあるかご覧いただければと思います。

画像 CAMELBAK(キャメルバック)の「CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714」 サロモン(SALOMON)の「[サロモン] ハイドレーション SOFT FLASK 500ml/17oz Blue」 サロモン(SALOMON)の「[サロモン] ハイドレーションパック SOFT FLASK 500ml/16oz None」 global i mallの「GIMart ハイドレーション 給水袋 2L 水分補給 ハイドレーションパック アウトドア 給水用ボトル ウォーターキャリー 食品級TPU 無臭 折りたたみ水筒 防災 水袋 リザーバー スポーツ 登山 ハイキング サイクリング ランニング サイクリング (2L)」 プラティパス(Platypus)の「プラティパス(プラティパス) プラティ 2L ボトル PLATY 2L BOTTLE 25601 水筒 ソフトボトル」 APPLEの「(アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION ハイドレーション 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災 1L 1.5L (広口1.5L, サファイア)」 AONIJIEの「AONIJIE ハイドレーション 水分補給 ハイキング 防災 登山 サイクリング 1L 1.5L 2L 3L (清掃ブラシ)」 RADWIMPSの「GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413」 Santasanの「EASY CHANGE ウォーターバッグ water bag (最大重量20kg 30kg 40kg 3タイプ) (30kgタイプ)」 GIMartの「global I mall 水袋 ハイドレーション 2L 水分補給 ハイキング 登山 サイクリング 高品質 ハイドレーション水筒  2L給水袋」
商品名 CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714 [サロモン] ハイドレーション SOFT FLASK 500ml/17oz Blue [サロモン] ハイドレーションパック SOFT FLASK 500ml/16oz None GIMart ハイドレーション 給水袋 2L 水分補給 ハイドレーションパック アウトドア 給水用ボトル ウォーターキャリー 食品級TPU 無臭 折りたたみ水筒 防災 水袋 リザーバー スポーツ 登山 ハイキング サイクリング ランニング サイクリング (2L) プラティパス(プラティパス) プラティ 2L ボトル PLATY 2L BOTTLE 25601 水筒 ソフトボトル (アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION ハイドレーション 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災 1L 1.5L (広口1.5L, サファイア) AONIJIE ハイドレーション 水分補給 ハイキング 防災 登山 サイクリング 1L 1.5L 2L 3L (清掃ブラシ) GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413 EASY CHANGE ウォーターバッグ water bag (最大重量20kg 30kg 40kg 3タイプ) (30kgタイプ) global I mall 水袋 ハイドレーション 2L 水分補給 ハイキング 登山 サイクリング 高品質 ハイドレーション水筒  2L給水袋
価格 4,860円 2,430円 2,590円 1,199円 1,512円 1,299円 889円 5,795円 4,580円 2,388円
商品ページ
amazonへ
amazonへ
yahooショッピングへ
amazonへ
楽天へ
amazonへ
amazonへ
yahooショッピングへ
amazonへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

ウォータパックの売れ筋ランキング

ウォータパックの選び方やウォータパックのおすすめ人気ランキング、ウォータパックを安く借りられるウォータパックレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になるウォータパックが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販でのウォータパックの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon ウォータパック 売れ筋ランキング

Yahooショッピング ウォータパック 売れ筋ランキング

まとめ

ウォータパックの選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいたウォータパック以外にも多くの商品があるのでお気に入りのウォータパックがあるのか探してみるようにしましょう。

旅行・レジャーのおすすめ記事