【飲みやすい】冷酒のおすすめ人気ランキング10選

冷酒は日本酒を常温よりも冷やして飲む、日本酒の飲み方です。 日本酒を冷やして飲むことによって、冷酒はスッキリとした味わいになるため、常温で飲む飲み方と比べて飲みやすく、様々な食事と合わせることができるというメリットがあります。 しかし、日本酒は種類が多く様々な銘柄があるため、冷酒に向いたものをどのように選んで良いのか分からないといった方も多いのではないでしょうか。そこで、冷酒で飲むための日本酒の選び方をご紹介します。

そこで、冷酒の選び方に加えて冷酒のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

冷酒の選び方

冷酒の購入を検討している方の中には、実際に冷酒を購入しようと思っても何を基準にして冷酒の商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、冷酒の選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

爽やかな香りを楽しむため吟醸系から冷酒を選ぶ

冷酒を飲むのであれば爽やかな香りを楽しめるお酒を選びたい方は多いのではないでしょうか。 

 日本酒には大吟醸、吟醸酒といった種類があります。これらは精米歩合によって日本酒を分類するもので、精米歩合が50%以下であれば大吟醸、60%以下であれば吟醸酒 となります。精米歩合とは、日本酒を作る際にどれだけの割合で米を削ったものを原料にしたかを表す数字です。例えば、精米歩合が60%の吟醸酒であれば、原料となる米の40%を削り、残りの60%を原料として使っていることを表しています。 

 精米歩合が低ければ低いほど余分なものがそぎ落とされた雑味の無いお酒になるため、吟醸酒や大吟醸はその他の日本酒に比べて雑味が無く、爽やかな味わいとなります。また、吟醸系の日本酒は長期間かけ低温で発行させることで、香りの成分が原料に閉じ込められるため、より香りが良くなります。

 このように爽やかで、香りの良い吟醸系のお酒を選ぶことで、冷酒の爽やかな香りを楽しむことができます。

米の香りと旨みを味わうために純米酒の中から冷酒を選ぶ

数あるお酒の中から日本酒、特に冷酒を飲むのであれば米の香りや旨みをしっかりと味わえるお酒を選びたいという方も多いのではないでしょうか。 

 そこで、吟醸系の中でも 純米吟醸、純米大吟醸と呼ばれるものがあります。これらの日本酒は、純米酒と呼ばれており、純米酒とは米と米麹、水だけで作られている日本酒のことをいいます。純米酒は醸造用アルコールなど、日本酒を作るうえで、余分なものが添加されていないので、その他の日本酒と比べてよりダイレクトに米の旨みや香りを味わうことができるため、爽やかな香りを味わう冷酒に向いたお酒といえます。また、純米酒はその他の日本酒と比べて、日本酒本来の味を味わうことができます。

 したがって、純米酒は 日本酒が苦手な方や日本酒をあまり飲まない方、初めて日本酒を冷酒で飲んでみようという方に特におすすめです。

値段・量を考えて冷酒を選ぶ

冷酒を選ぼうと日本酒を探した際に値段や量が商品によって全く異なるため、どれを選べばよいのか分からないといった方も多いのではないでしょうか。
 
 特に、日本酒は、安いものであれば1000円程度で購入できますが高いものは3万円を超えるものもあります。また、冷酒で飲むのに適した、吟醸酒や大吟醸は精米歩合のところでご説明したとおり、原料の米を40%から50%とほかの日本酒と比べて多く削るため、作れる量に限界があり、どうしても高価なものになりがちです。また、日本酒は300ml~1800mlと量にも幅があり、当然ですが量が多くなれば、価格も高くなっていきます。

 初めて冷酒で日本酒を飲む方は、まずは3000円くらいの価格で300ml~750mlくらいの量のものから評価の高いものや、口コミを参考に選ばれてみてはいかがでしょうか。

好みに合ったものを選ぶために口コミや評判を参考に冷酒を選ぶ

ここまで冷酒の選び方をご説明してきましたが、日本酒も飲み物である以上、せっかく購入するのであれば自分の好みの味や香りのものや、飲む際に合わせるメニューに合ったものを選びたいものです。

 特に日本酒は、精米歩合や純米酒であるかどうかによって味わいが変わる他にも、作り方によっても細かく香りや味わいが変わるため、様々な種類のある日本酒の中から自分好みの冷酒に向いた日本酒を選ぶのは中々難しいものがあります。そこで、自分好みの冷酒を見つけるためには、実際にその日本酒を購入した方の口コミや評判が参考になります。

 好みやイメージに合ったお酒を選ぶために口コミや評判を調べた上で、評価の高いもの飲みたい日本酒に近い評価やコメントがされているものを選ぶようにしましょう。

冷酒のおすすめ人気ランキング10選

それでは、冷酒のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた冷酒の選び方などをご参考にしながら気になる冷酒があるかご覧いただければと思います。

また、冷酒のおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での冷酒の売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

10位

新潟県
10位 緑川 [純米吟醸酒]

1,998円
新潟県の「緑川 [純米吟醸酒]」
新潟県

緑川 [純米吟醸酒]

最安値 1,998円
9位

山形県
9位 十四代 [純米大吟醸酒]

3,016円
山形県の「十四代 [純米大吟醸酒]」
山形県

十四代 [純米大吟醸酒]

最安値 3,016円
7位

佐賀県
7位 鍋島 [純米大吟醸酒]

4,600円
佐賀県の「鍋島 [純米大吟醸酒]」
佐賀県

鍋島 [純米大吟醸酒]

最安値 4,600円
4位

秋田県
4位 No.6 R-type [特別純米酒]

3,672円
秋田県の「No.6 R-type [特別純米酒]」
秋田県

No.6 R-type [特別純米酒]

最安値 3,672円
1位

山形県
1位 十四代 [純米吟醸酒]

1,698円
山形県の「十四代 [純米吟醸酒]」
山形県

十四代 [純米吟醸酒]

最安値 1,698円

冷酒の商品比較一覧表

冷酒のおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

冷酒の特徴を比較しながら気になる冷酒があるかご覧いただければと思います。

画像 新潟県の「緑川 [純米吟醸酒]」 山形県の「十四代 [純米大吟醸酒]」 新潟県の「久保田 萬寿 [純米大吟醸酒]」 佐賀県の「鍋島 [純米大吟醸酒]」 山形県の「十四代 [吟醸酒]」 三重県の「而今 [純米吟醸酒]」 秋田県の「No.6 R-type [特別純米酒]」 愛知県の「空 [純米大吟醸]」 青森県の「田酒 [特別純米酒]」 山形県の「十四代 [純米吟醸酒]」
商品名 緑川 [純米吟醸酒] 十四代 [純米大吟醸酒] 久保田 萬寿 [純米大吟醸酒] 鍋島 [純米大吟醸酒] 十四代 [吟醸酒] 而今 [純米吟醸酒] No.6 R-type [特別純米酒] 空 [純米大吟醸] 田酒 [特別純米酒] 十四代 [純米吟醸酒]
価格 1,998円 3,016円 3,595円 4,600円 1,698円 1,550円 3,672円 1,857円 410円 1,698円
商品ページ
yahooショッピングへ
amazonへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
amazonへ
yahooショッピングへ
楽天へ
amazonへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

冷酒の売れ筋ランキング

冷酒の選び方や冷酒のおすすめ人気ランキング、冷酒を安く借りられる冷酒レンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる冷酒が見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での冷酒の売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 冷酒 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 冷酒 売れ筋ランキング

まとめ

冷酒の選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいた冷酒以外にも多くの商品があるのでお気に入りの冷酒があるのか探してみるようにしましょう。

グルメのおすすめ記事